1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

2つのセットアップ。

1LDK recruit

【お知らせ】1LDK ONLINE STOREリニューアルオープン

THOMAS MASONのシャツで秋冬のスタートを切りましょう。

チノの新定番。

m’s braque 2021A/W.

TYROLEAN PUNK #1

TYROLEAN PUNK #2

APOTHEKE FRAGRANCE.

“Abu Garcia × is-ness”

URU 1st delivery.

UNIVERSAL PRODUCTS. × YAAHの拘り。

STUDIO NICHOLSON 21AW

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの木下です。

正直暑くて試着どころではない昨今ですが、気合を入れて撮影をしています。

勿論日光が出ていれば撮影しやすくて気分も上がり、どんよりしていれば勿論気分がガタ落ち、、。

私服や店頭の服装も勿論秋仕様、暑い暑いと言いながらも、クーラーガンガンで既に秋服を着られるというのが僕達の特権でもあります。

早く涼しくならないか、、と思いながらモチベーションでもある洋服を毎日見て、ニヤニヤしている日々ですが、

客として、というより他のお店に洋服を買いに行って先物買いをした後の自分の感覚は、半分後悔(というかやってしまった、、)という気持ち。もう半分は、家に帰ってラックにかけて、着られるようになるのは今か今か、と毎日見て、早く着たいとニヤニヤする楽しみです。

半年後が楽しみになる買い物をしましょう。

それでは本日はセットアップのご紹介を。

TEATORAより21AWよりスタートする新シリーズ、”GHOST CODE”。

“全てのドレスコードをクリアすることをコンセプトに開発されたGHOST CODEシリーズは、全ドレスコード対応ウェアライン。”

要は、カジュアルからドレスまで、あらゆるシーンやシチュエーションに対応するシリーズです。

スーツとも取れる見た目、ブランドらしい動きやすさを完備した良いとこ取りなセットアップ。今までのシリーズでは部分的に特化したものでもあったので、向き不向き、好みがいい意味で分かれていたように思います。反面、ドレスウェアのエッセンスをプラスすることで究極のON/OFF対応とも解釈できるデザインとなっております。

素材にはナイロン、ポリウレタン、ポリエステルを使用し、360°ストレッチに。この見た目からは想像できないダイナミックなパフォーマンス力です。

カラーリングは一色のみの”SHADOW “。

“影を実体化したかのような色彩”とあり、品の良さを格上げしてくれるような見た目に。暗くなりすぎないことで素材の表情も目視でき、奥行きが豊かなのも魅力と言えます。

“TEATORA”

-WALLET JACKET PLUS GHOST CODE-

¥64,000 (¥70,400 TAX IN)

“TEATORA”

-WALLET PANTS RESORT GHOST CODE-

¥34,000 (¥37,400 TAX IN)

このツラ構えで抜群の動き易さ。素材感と相まった絶妙な抜け具合です。

柔らかい生地は落ち感も強く、程よく光沢も生まれます。

所謂”イージー”と呼ばれるアイテムカテゴリの中ではダントツに上品かつクラシカルな見た目と感じます。

シャツにサンダルという今までの話とは全く路線の異なる服装なのはお許しください。暑すぎました笑

シャツの合わせは勿論抜群なので、ご想像にお任せします。。

 

品が良い品が良いとは言ってもなんせTEATORAなので、テック調のアイテムとしてのパフォーマンス力は言わずもがな。

STAFF杉村風にいうと、両A面とはこのこと。

また、セキュリティに特化したアイテムでもあるこのセットアップ。

ジャケットには複数のポケットが配され、出張での盗難の心配も軽減してくれます。

加えてパンツにもポケットインポケットを。盗難は勿論腰にものを入れてしまうと椅子に座った時に痛い、落ちる、劣化する、それらの問題点を防ぐ為に考えられた独自のサイドポケットを配置。

着ていてメリットとして実感した時にスカッとするはず。

僕らとして提案したいのはスーツとしての使い道ではないので、比較的抜いたイメージでアイテムを選びました。

ジャケットは通常のウォレットジャケットよりも大きいPLUSを。

パンツはテーパードワイドのRESORT。

こんな楽なのに、周りからは品よく見られるイージーウェア。

普段着、出張のお供に是非選んでみてください。

 

ではもう一点、お付き合いください。

“CLASS”

-900 CARNATIONS-

¥110,000 (¥121,100 TAX IN)

“CLASS”

-AMARYLLIS-

¥60,000 (¥66,000 TAX IN)

これまではTEATORA流のクラシカル、それではこちらはどうでしょう。

80’sの雰囲気を漂わせるCLASSのセットアップ。

パワースーツにも近い型の入ったフォルムのジャケットとワンタックのスラックス。裾にはキラキラと輝くウルトラスエードを配し、ある意味存在感、パワー(パンチ)のある仕上がりが特徴的です。

パッと見は糸の表情が豊かな渋い洋服ですが、それだけでは終わらない、遊びの効いたバックスタイルと裾が独自の世界観が惹きつけられます。

普通であればある程マーケットが広いのに対し、むしろマーケットが狭くなるとも言えるディテールの数々、堀切さんの洋服に対する熱意が込められた、一目でそれを感じられるデザインワーク。勿論いい意味で、だからこそ引き込まれるし、オーダーをしてしまう訳です。

この難解とも感じてしまうセットアップを攻略したい、その気持ちがあるファッションフリークな方、是非お待ちしています。

袖裏にはレトロな裏地を配置。ちらっと見えるフックも異質な組み合わせです。

バックスタイルはサイドのハギから先をなくし、真ん中を大胆にも切り取ったデザイン。

同じくパンツで合わせると丁度お尻が見えるくらいの丈感ですが、シャツを出せばまた違った見え方をしてくれます。

さらにこの裾。

逸脱したシルバーの組み合わせは、一気に足元に視線を集めます。

というのも、日常生活で堀切さんが目にした謎とも言えるものがデザインソース。

詳しく書いてしまうのも良いのか悪いのか分かりませんが、、裾にガムテープを付けていた型を目にしたらしく、その驚きをデザインにしたのだとか。

無意味とも取れるデザインではありますが、理由があることで一気にかっこいいという見え方に変わります。


CREDIT
“I” -DOLMAN SLEEVE SHIRT- ¥26,000 (¥28,600 TAX IN)

お下がりの父のセットアップを着たかのような、どこか背筋が伸びる着心地です。

ピークドラペル型のラペルは、切り込みを入れず特殊な仕様に。

さらには大きめとも感じるポケットの存在感、異質ですが独自の観点で作られた洋服。現代と過去が混在した唯一無二の仕上がりです。

“CLASS”

-JAPANESE DOGWOOD-

¥57,000 (¥62,700 TAX IN)

同素材のベスト。不思議な形です。

サイドにはジップを施し、プルオーバーながらアレンジを加えられる仕様になっています。

夏用のタンクトップ、そう言っていました。

形は確かにタンクトップ。今まで見てきたベストとはジャンルすら異なるようにも感じるビブスとかそう言った類です。

 

ちなみに今回のテーマはDEGRADE。

“進んでいくデグレードから浮かび上がる衣類の根元や生命観のかたちを探求する。

そして、個性を引き出すために、着るには少し負荷のかかっても選択してもらえる衣服を作ること。”

まさにこれに魅了され、正直難しいかもしれない、けれど手に取りたいというものを今回のコレクションからはピックアップしたつもりです。

また、気になる洋服の名前は花。

花や植物の生命力は、人間とはまた異なった力のあるもの。展示会で見せてもらった中川幸夫さん著の本からは、その力を大きく感じました。

そもそも中川さんとはいけ花アーティストで、白菜を活けた前衛的なアーティスト。時には生け花界のテロリストとも書かれている記事も目にします。

ガラスを中心に展示し、その中で花達の生命を表現する、生きてから死ぬまでの過程を見つめて表現するというアバンギャルドなもの。いけ花と呼ばれるものとはかけ離れつつも、無所属で自身の思ういけ花を追求し続けていました。

これらをファッションに置き換えた時に、どこまで表現できるのか、そう言っていた堀切さんの想いが詰まった今回のCLASS。

これ、売れそう、とかそう言った目線では全くない、感性やそれぞれの個性のみの世界の話。

ここまでくると洋服というより芸術のような感じもしてきますが、生産数もあえて少ないCLASSであるからこそ選ぶことの意味を教えてくれる気がします。

それに比べると浅はかな発言かもしれませんが、

かっこいい、

着たい、自慢したい、

それらの直感で選んでも良いのかもしれません。

 

両極な見た目の2つですが、一癖あるセットアップ。

洋服の楽しみ、面白さが詰まっていると思います。

 

話は少し逸れますが、明日から中目黒メインで店頭に立っています。

青山は店長の杉村に任せていますので、今後ともどうか宜しくお願い致します。

とは言っても別注やイベントの時は勿論青山立つつもりです。

大袈裟ながら一旦!2年間ありがとうございました。

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062

東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK kyoto/1LDK annex/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand/mfpen/ANCOR

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF  木下誉

August 30, 2021, 10:35 PM

Category: Kinoshita Pick Up