1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

ANCORを自由に着る。

【お知らせ】1LDK ONLINE STOREリニューアルオープン

1LDKリクルート(*5月21日〆切)

半年後のCANTON。

HED MAYNER 2021 S/S.  → 自由性の塊。 → オーバーサイズの一言で片づけるには。

変化が欲しい現実派へ。

春と夏のボーダー。

ミニマル、なのに楽しい。

今にフィットするシャツ。

夏目前、セットアップ特集。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの杉村です。

今年のGWは体感的に長く感じました。休みの日にお家にいる時間が長かったからでしょうか。

家ではゆーっくりと、お店では多くの人が来てくれたおかげで、非常に忙しくしていました。

GWの間は良い買い物ができましたか?

久しぶりの平日ということで穏やかな1日が、、と思っていたら今日もお休みにしている人が多いらしく、嬉しいことに朝から賑やかでした。

折角なので、そこに合わせて新しく商品を投入しています。

ANCORの春夏のラインナップ。

今着たい!と思える生地感やシルエットで、テンション的にピタリだったこともあり、本日からレイアウトしています。

– RIPSTOP JACKET –

¥43,000 (¥47,300 TAX IN)

定番型として展開している、カバーオール型のジャケット。

今シーズンは、コットンのリップストップ生地を採用。

格子状に編み込むことによって耐久性の向上、少ない生地量でも荷重に耐えうる強度があるので、軽く薄く仕立てることができる、というのが大きなメリットに挙がります。

軽く・薄く・丈夫。

どれも今の時期に欠かせない要素ですが、個人的に1番のポイントに考えているのが、その見た目です。

クロスの表情が入ることにより、シンプルでコンサバ的なアイテムにも特徴が出ます。アウトドアだったりミリタリーの類に見られるリップストップの生地ですが、普段着としてイメージしやすい一般的なアイテムに用いることで、良いギャップを抱かせてくれるのです。

しかも、コットンのリップストップ。ナイロンのシャカシャカではなく、ライトアウターをイメージする、ハリと硬さのある生地。

リアルなところで実用性を考えつつ、程良い表情のアレンジが加わることで、新鮮且つ手に取りやすいという、まだ少し寒い気もする今の時期にそそられるシルエットになっています。

背中の左側にパッチポケットが追加されています。こういった、なんでそこに?と考えてしまう仕様が、オリジナル感が強くて好み。

スマートフォンとプラスでもう少しを入れておけるので、常備品をインしてみてください。タイミング的に消毒スプレーとか、エチケット的なアイテムが丁度良いかもしれませんね。

フロントはこんな感じで、至ってシンプル。さっき話したリップストップの生地の件、パッと見には気が付きにくいので、そこまで気を配ることなく適度にポイントをプラスしてくれるでしょう。


CREDIT
“STUDIO NICHOLSON” – PUCH SELVEDGE DENIM PANTS  – ¥49,000 (¥53,900 TAX IN)


CREDIT
“mfpen” – BIGGER JEANS – ¥25,000 (¥27,500 TAX IN)
“UNIVERSAL PRODUCTS.” – COMESANDGOES LORO PIANA CAP – ¥14,000 (¥15,400 TAX IN)

今くらいの気温に最適なライトジャケットです。向こう3週間くらいは25℃を行ったり来たりするようなので、まだまだ着用機会があります。

昼間は暑いけど、夜ちょっと寒いよね。と話に出ることが多くあるので、まさに今のニーズにバッチリ応えてくれるでしょう。

生地的にもほんの少しだけ厚いくらいなので、デニムに合わせても、サマーウールのように軽い生地に合わせても馴染み良し。3シーズン万能のライトアウターです。

– CREWNECKS –

¥20,000 (¥22,000 TAX IN)

こちらも定番でオーダーしている、ベーシックなスウェット。

デザインをフロントロゴのみに絞った、潔くシンプルな作りです。

シンプルなだけにスタイリングの幅も広く、お好みのカラーをいつものスタイルに自由に組み込んでもらえます。

ラグランのゆったりサイズ。スリーブの生地量が多く、しっかりとリブに落としたリラックスな着こなしが良いですね。

シンプルさに重きを置いているアイテムは、やはり素材を活かしてスタイリングもシンプルにしたいですよね。

こういったアイテムは、多くを語るほどアイテムの良さを濁してしまう気がするので言葉は少なく。

こちらも着方を問わず、今すぐに着てほしい仕上がりです。

こんな服。とは形容し難く、型にとらわれることのないようなアイテム。

もともとはSNSの発信からスタートしたインディペンデントブランドなだけに、自由性の高さが感じられます。

その自由さが、春と夏の間、どっちつかずな隙間の期間をピタッと埋めてくれるでしょう。

 

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK kyoto/1LDK annex/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

21SS LOOK BOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/I official

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL 杉村

May 6, 2021, 8:01 PM

Category: Blog Kinoshita Pick Up Sugimura