1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

m’s braque 2021A/W.

【お知らせ】1LDK ONLINE STOREリニューアルオープン

どこかへ歩き出したくなるセットアップ

極上のTシャツ。

アレを買うとコレが欲しくなる。

THOMAS MASONのシャツで秋冬のスタートを切りましょう。

チノの新定番。

楽だけじゃない。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの木下です。

 

着崩したいけど品が欲しい、再三に渡って思い続けていることです。

ファッションを楽しむ上で崩す、ということは大前提ではありませんが、その延長した考えとして、自分の個性を出したい、というといかがでしょう。

どうやら青山に来てくれているお客様もそういう方は多いらしく、、購入していただいているアイテムを見ていても常日頃感じる気がします。(違ったらすみません汗)

他人と違うことをしたい、それはもはや今作られている洋服に手を出している時点で、僕たちもその土俵には立てていないのかもしれませんが、着ることで自分なりに落とし込める洋服、これらの洋服はアバンギャルドな精神が感じるからこそ、普段の洋服に入れることでガラッと雰囲気を変えてくれるという個性があります。

違った自分にさせてくれる、不思議な世界観すら感じるかっこいい洋服を、かっこいいという理由だけでも着たいと思わせてくれる。

縫製が良い、そういった次元すらも超えた感覚です。

勿論その洋服と長く付き合っていくために縫製も大事ですし、納得して吟味して、気に入って購入するのは大前提。しっかりと知った上で買うのは勿論と言えますが。

手元にずっと残る服ってやっぱり、心の底から、いつになってもかっこいい存在です。正直m’s braqueにはその感覚が多い訳で、、

けれどこのm’sの洋服から出る異質さは何なのかと思い続け、同時にその異質さに魅力を感じながら日々着用している自分がいます。

“m’s braque”

-LONG SLEEVES JUMP SUIT-

¥76,000 (¥83,600 TAX IN)

前回別注したジャンプスーツ。これも気分を上げてくれる一着に他なりません。

値段は生地の関係で勿論上がっていますが、秋冬になって自分がハイテンションになって幸せになれると思えば買い時です。

 

オーガニックコットン/ポリウレタンを使用したヘリンボーンに変更し、袖を長くアップデート。

採寸はそのままなので、175cmでジャスト丈になっています。

丈を出すことはできるので、そこは相談させてください。

生地に温かみが増せば、前のドレス調の見た目とは打って変わってワークの雰囲気すら感じる仕上がりに。

厚みがあることでドレープは抑えられ、ドカンとしたフォルムを出してくれます。


CREDIT
“cantate” -The Band Collar Shirt- ¥42,000 (¥46,200 TAX IN)

前の発売ではすでに気温も上がり始めていたので中々レイヤードとまでは難しかったですが、これからには最適。袖からチラッと見えるストライプ、はたまた色を出してみたりと、細かくも自分らしさを表現していただけます。

もっと気温が下がればジャケットも。

なんだかんだ言っても楽そのものなので、その魅力が勝ちがちな部分はあります。例えば旅行先に持っていく荷物を減らすことができる、それもメリット。

ですがセットアップとも異なる、どんな派手な洋服とも異なるこの高揚感は、朝の洋服選びが間違いなく楽しみになると言えます。

前回買い逃してしまった方は必見です。

“m’s braque”

-NO SIDE SEEM LONG POINT COLLAR SHIRT-

¥42,000 (¥46,200 TAX IN)

今回のラインナップは柄多めです。

このシャツは裏地にのみレオパードモチーフの柄を施したさりげなさの光るアイテム。

シャツベースではありますが、やや身幅も肩も広く取り、第一ボタンをなくすことでジャケットのように羽織ることができる仕様にしています。

ブラックはアムンゼン、カーキはネル生地になるので、色だけでなく光沢や落ち感などにも変化あり。

丸みのあるフォルムは、サイドのシームを無くした一枚布の胴部分から。サイドのハギがないことで体周りのもたつきがなく着心地の良い、美しいシルエットに調整されています。

レオパードも内側にあることで大袈裟な主張にはならず、袖捲りや後ろから、サイドのスリットからチラリと覗く程です。

着たい気持ちはあれど、中々手に出せない部分もこの見え方なら。

勿論脱いだ時にはがっつり顔を出しますが、それもまた自分のみ感じられる魅力です。レーヨンなので袖通りも良く、快適な着心地というのもポイント。

 

それぞれ異なる良さがあるので迷いますが、インナーの合わせ方でバッチリな方を選んでみてはいかがでしょうか。

つるっとしたアムンゼン、カジュアルですが光沢もあるのでシャツをインナーに着るのが楽しみな仕上がり。対して起毛感のあるネル生地は温かみを生かしてニットをレイヤードしても良さそう、等。

最後はもう色ですね笑

“m’s braque”

-HARLEM PANTS-

¥39,000 (¥42,900 TAX IN)

継続展開のハーレムパンツ。

こちらはもうお馴染みとなりましたが、ブラックはジャケットとセットアップ。

4色くらいあったのでかなり悩みましたが、総柄に惹かれてカーキ入れませんでした、、申し訳ありません、、。

アムンゼンは個人的にかなり好きな生地であり、同ブランドでも比較的多用傾向にある生地です。

凹凸のある不規則なしぼのある生地感のことを指し、ザラザラしていることで肌の設置面積も少なく、さらっとした触り心地。今時期から、春と秋に大活躍する中肉の生地感に仕上がっています。

どこか和服のような雰囲気すら感じるこの生地。今時期からサンダルに合わせて選んでみるのも、一つ、選択肢かもしれません。

一方総柄はリミテッド付きのデッド生地。ウール生地ですが、光沢も強くチクチク要素は少ない仕上がりです。

たまにしか出ない柄物、抑えて欲しい一本です。

“m’s braque”

-NO SIDE SEEM SHIRT-

¥30,000 (¥33,000 TAX IN)

こちらもサイドシーム無しのシャツ。アロハシャツの延長といった印象を受けます。

大胆にもレオパードを全面に出した潔い仕上がりには、難しそう、派手、という考えは浮かびつつも、選んでみたいと思わされます。

とは言え好き嫌いも分かれると思うのでここからは好きな方に向けて。笑

 

第一ボタンを抜いたオープンカラー仕様、けれど分かりやすくボックス丈にせず、やや細長いシルエットに。生地もレーヨンですが少し硬さのある生地感にも、だらしなくならない要因です。

身幅が広い、肩がガクッと落ちているということはないので、一般的に派手と言われる洋服ですが、細部で落ち着かせた大人のアロハシャツ。

今時期は一枚一択ですが、ジャケットの下からさりげなく覗かせるのも粋ではないでしょうか。配色も所謂レオパードとは取れない点も◎

スケッチで書いたようなかすれ具合のある柄。

メインカラーもネイビーのようなブラックのような、何とも言えないのも着ていて楽しいポイントではないかと思います。

 

このドレスのきっちりした洋服作り、パターン選びの中に抜けが表現されているのがm’s braque。そこからこの不可解な感覚を覚えるのではないかという結論になりました。

着崩すとはまた違った解釈にはなりますが、抜けというある意味マイナス(引く)しているワードと、ドレスというきっちりした相反するイメージの混在が、それぞれの個性に繋がってくれるのではないかと思います。

だからこそ毎回高揚するし手に取る。

是非一度。

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062

東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE(BASE)

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF  木下誉

August 11, 2021, 11:08 PM

Category: Blog Kinoshita MATSUMOTO Pick Up