1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

APOTHEKE FRAGRANCE.

【お知らせ】1LDK ONLINE STOREリニューアルオープン

アレを買うとコレが欲しくなる。

THOMAS MASONのシャツで秋冬のスタートを切りましょう。

チノの新定番。

楽だけじゃない。

一足先に。

m’s braque 2021A/W.

TYROLEAN PUNK #1

TYROLEAN PUNK #2

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの木下です。

APOTHEKE FRAGRANCE(アポテーケ フレグランス)

もう知っている方も多い多い、またご自宅にて使っている方も多いとは思いますが、軽くご紹介しておきます。

“千葉県千葉市内の自社工場で商品の調合、生産、パッケージングまですべての工程をハンドメイドでおこなうフレグランスブランドです。ブランド名であるAPOTHEKEはドイツ語で「香料、薬草を調合する所」「調剤薬局」を意味します。「薬局」のようにお客様の生活に根差した立場で「生活の一部としての香りの楽しみ方」のご提案をしております。”(OFFICIAL HPより)

数多くの香りがあり、選ぶのに時間がかかってしまいます。

今回はお香を約10種に絞り、そこに該当するスプレー、ディフューザー、コーン香で揃えました。(一部元々ない香りが存在します。)

青山ホテル1Fの、入ってすぐ目につく場所に置かれているので、気になったら香りテスターでお好きな香りを探してみてください。

それぞれスタッフのおすすめもあるので、悩んで迷宮入りしたらお気軽にご相談を。笑

“APOTHEKE”

-MIST SPRAY-

¥3,200 (¥3,520 TAX IN)

24K ROSE:若葉の新鮮な香りと花々の甘さがブレンドされたフローラル・グリーン調の明るい香り。

BLACK OUD:〈黒沈香〉インド古代薬法書である「スシュルタ」には、沈香の薫煙で身体に賦香することや、鎮痛剤として焚くとある。異国情緒ただようアダルトなオリエンタル・ウッディーの香り。

BURBS:ダグラスファー、シダーウッド、サンダルウッドなど木々の香りに、ナツメグを効かせたウッディー・グリーン調の香り。

FIG:フルーティー・グリーンのイチジクの香り。

LICK ME ALL OVER:魅惑的なフローラル・フルーティーの香り。

MAGHREB BUKHOOR:日の没する地、モロッコにインスピレーションを得た異国情緒ただようオリエンタル・ウッディーな香り。温かみのある沈香、豊かなローズ。官能的なムスク、スパイシーなシナモン。古くから香薬として知られるサンダルウッド、聖なる香りフランキンセンス。そしてミントティーのブレンドは、スークやモスクで香る神聖で魅惑的な練香を想起します。

OAKMOSS&AMBER:オークモスと相性がよいアンバー・ノートに、柑橘を組み合わせた、清潔感ある香り。トップにシトラスが香り、次にセージやラベンダーなどのハーブが、最後にオークモスやアンバー、トンカビーンズと移り変わります。海を望むホールウェイ、乾いた風がサンドカラーの壁をなでる、ミコノス島のヴィラ・アガベのリビングに漂う香り。

TEAKWOOD:ジンジャー、ブラックペッパー、ピメントのスパイシー、タバコ、チークウッド、サンダルウッドのウッディーをブレンド。

TABACCO CEDER:葉巻をイメージしたオリエンタルでウッディーな香り。

WHITE TEA:東南アジアのリゾートスパをイメージした、オリエンタルでほのかな甘みのある香り。マンダリンやベルガモットのフレッシュな柑橘に、ジャスミンやイランイランなどの花の香り、タイムやジンジャーなどのスパイシーさ、アーシーなサンダルウッドやナツメグ、パチョリをベースにしたブレンド。旅先でふるまわれた白茶のエキゾチックな香りを想起させます。

上記すべてホームページよりお借りしました。

自分の香水に調合されている匂いとの該当ワードで選ぶと好みのものが見つかると思います!

 

スプレーは基本的に空間や部屋のインテリアファブリックとして。

寝室に寝る前にシュッとひと吹きするだけでなんだかリラックスムードになるアイテムです。疲れて一息つきたいときに是非。

ちなみに非公式なのであくまで推奨はしないですが、香水の代わりに洋服に吹いている時もあります。水・エタノール・香料が入っているので、天然繊維に吹いてしまうと危うくシミになってしまうことも。そこは細心の注意を払ってお使いください。

“APOTHEKE”

-INCENSE STICK-

¥1,600 (¥1,760 TAX IN)

24K ROSE

BLACK OUD

BURBS

FIG

LICK ME ALL OVER

MAGHREB BUKHOOR

OAKMOSS&AMBER

TEAKWOOD

TABACCO CEDER

WHITE TEA

スプレーと同じラインナップでご用意しています。

“APOTHEKE”

-INCENSE CONE-

¥2,700 (¥2,970 TAX IN)

FIG

MAGHREB BUKHOOR

OAKMOSS&AMBER

TABACCO CEDER

WHITE TEA

こちらはスプレー、お香と該当していますが、元々ないものもあるので5種類になっています。

“APOTHEKE”

-REED DIFFUSER-

¥7,500 (¥8,250 TAX IN)

TEAK WOOD(WOODS)

WHITE TEA(TEA)

FIG(FRUITY)

ありすぎると迷ってしまいそうだったのでこちらも3種類に絞りました。

ウッド系、フルーツ系、ティー系。お好みでどうぞ。

いやいや決まらん、、、

となるとここからはスタッフのおすすめを参考にしてみてください。

BURBSとLICK ME ALL OVER。私、松本は欲張って2つチョイスさせていただきました。

全て嗅いでも尚、鼻に残る香り。好みはありますが直感でこちらに惹かれました。香水でよくあるような、うっ!とくる癖のある匂いはなく、どれも万人ウケしそうな香りばかりです。

ウッドなスパイシーな香りは普段愛用しているだけあって全力でお勧めをします。感覚的にはお洒落な香り。お洒落なお店の匂いみたいな、、。実際にギフトでも喜ばれたので女性の方にもハマる香りだと思います。

フルーティな香りと混ぜてオリジナルの香りを楽しむのもアリです。自分自身飽き性なので、気分を変えるために2個を駆使します。笑

部屋にいることが多いこのご時世、是非香りでリラックスしてお家時間を楽しんでいただきたいです。

私杉村は、FIGのミストスプレーに、WHITE TEAのお香をセレクト。

全部試してから、なんとなーく手に取りましたが、どちらも落ち着きのある香りです。それでいて華やかさを感じられる、バランスの良く使えるタイプです。

そんなに強く主張しなくて、でもフワッといい匂いのする、男女どちらともに使えそうなものを選ぶ傾向にあります。

後から知ったのですが、前ウィメンズ店長の落合さんも、この組み合わせで使っていたらしく、、、匂いというのは記憶に残るものなんですね。

贈り物として選ぶ時には、その辺りも考えてみましょう。

STAFF杉村のせいでブレブレです。

お勧めはBURBS一択。

ウッド系が好きなことと、以前SO NAKAMEGUROの河野に誕プレでもらった香りだからということ。あげるつもりはなかったけれど、たまたま買い物していたらその香りを見つけて、僕が浮かんだそうな。(男同士で気持ち悪いなと思いつつドンピシャでした。)

それからうちのお香としてずっと使っています。スプレーは木の香りがダイレクトに近いですが、お香であれば甘さが増すイメージ。

他のセレクトとしては、MAGHREB BUKHOORを是非。表現し辛いですが、万人に気に入っていただける気がします。

青山ホテルの備品としてこの香りのハンドソープを使っていて、香りがいいからとSTAFF松本がダントツ一位で絶賛消費中です。

そんなこんなでご用意したのはこちらの4種。

お香は25本入り、節約気味で一ヶ月は持つので、気分で2本購入するのがお勧めです。コーン香に関しては僕自身試してみたいという意味も込めてご用意しました。

見た目の面もいいですし、スティックにはない香料オンリーの無垢な香りを楽しめます。

あとはスプレー、ディフューザー。

トータルで¥16,500-なので、プレゼントにも良いですよ。

STAFF杉村も言っていたように香りって本当に記憶に残るものなんです。

プレゼントでさらっと渡して印象をつけてみるのも、、?

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062

東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK kyoto/1LDK annex/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand/mfpen/ANCOR

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF  木下、杉村、松本

August 14, 2021, 7:31 PM

Category: Blog Kinoshita Pick Up Sugimura