1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

RICHFIELD for 1LDK AOYAMA HOTEL “WOOL SERGE TAPERED SLACKS”

 

こんにちは。
1LDK AOYAMA HOTELの河上です。

 

スラックスとして仕立て栄えのする的確な生地選び。
トラウザータイプのアイテムは全てスラックス専業の縫製工場のみに仕事を依頼する真面目さ。

良い意味で派手さを感じない取り入れやすさと、穿いた時に実感出来る綺麗なシルエット。

本日はトラウザーメインにコレクションを展開する日本のブランド:RICHFIELDの紹介を。

RICHFIELD “T-2”
¥27,500+TAX-

モデル:T-2は2タック入りのストレートシルエット。
生地分量がたっぷりと取られた前身頃に対して、ヒップラインはコンパクトですっきりとした印象。
太いワタリからストンと落ちるストレートシルエットが男らしい印象を与えます。

生地はメリノ糸で織られた尾州産のウールサージを使用。
打ち込みのしっかりとした、コシが強くハリと品のある生地。
復元力が高く、摩擦に強い/比較的シワになりにくい等の特徴もあります。

アウト2タックのトラディショナルなバランスのトラウザーだからこそ、カジュアルなアイテムと合わせて頂きたいです。

カットソー、カジュアルシャツ、スウェット、ニットなどとの相性の良さはもちろん。
グレーのスラックス/デニム/チノ等と合わせると野暮ったさを感じてしまうカントリーなアイテムとの相性が良いのもネイビースラックスの良いところ。

男性的な品の良さを感じるアイテム。

 

 

このT-2に使われているウールサージの生地の雰囲気がとても良かった為、テーパードタイプも作ってもらうことにしました。

“RICHFIELD for 1LDK AOYAMA HOTEL”
– T-3 [NAVY WOOL SERGE] – ¥27,500+TAX-

アウト2タックはそのまま。
T-2と比較すると腰回りからワタリまでのヒップラインはそこまで変わりませんが、ワタリから膝にかけては徐々に、ひざ下から裾にかけて急激に走るテーパードラインが特徴的なモデル:T-3。

1LDK AOYAMA HOTELでは毎シーズン定番として用意している型。

このモデルはとにかくリピート率が高いです。

ビジネスで使用する際も、カジュアルに使用する際も、「このスラックスの綺麗だけど動きやすく、気軽に使える様な雰囲気、価格のバランスが良い。」というのは実際に使用している方が、口を揃えて言う感想。

インラインでは英国産のチェビオットの糸を使用したグレーの生地を使用していました。

今シーズンは羽織物に生地感のある物や、チェックなどの柄物が多かった為、より合わせやすいネイビーを選びたかった、というのもこの別注を作った理由の一つです。

物だけの写真だと、それほど違いがわからないのですが、実際に同じサイズで比較すると全くの別物だという事がわかります。

穿いてみるとよりわかりやすいです。

 

T-2に感じていた男性的な部分を綺麗に削ぎ落とした様なイメージ。
トップスのバランス/シューズのバランスなど、合わせるアイテムをより選ばないのがT-3の良い点。

腰回りとワタリでしっかりと運動量を残してあるので、スラックスに感じるフィッティングの窮屈さは感じない一方で、ふとした瞬間に実感する綺麗なシルエット。

起き抜けに洋服を選ぶ時「とりあえずこれ合わせておけばなんとかなるかもなあ。」という気軽さすら感じる一本です。

 

RICHFIELDディレクターの中石氏は、元々雑誌/広告/映画/タレント向け等幅広く活動しているスタイリスト。

「自分が着る為」はもちろん「誰かに自信を持って着せる為」の洋服を仕事として探し続けて来た方が、試行錯誤を重ねながら作り上げたスラックス。

一度穿くとその良さがより、実感できるはずです。

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 河上

November 22, 2018, 8:48 PM

Category: ARAKI Kawakami Pick Up

whowhat – Wrap Bag –

 

こんにちは。
1LDK AOYAMA HOTELの荒木です。

毎シーズン人気の高いwhowhatのWrap Bag、今シーズンも届きましたのでご紹介させていただきます。

“WHOWHAT”

– Wrap Bag <Small> –

¥18,000+TAX-

– Wrap Bag <Medium> –

¥21,000+TAX-

各シーズンごとに様々な生地を用いてリリースされるラップバッグ。その生地には一貫して撥水性を持たせてきていますが、今期は3レイヤーの透湿防水性生地(Breathatec)を採用。

防水生地と聞くと所謂GORETEXの様なハリのあるパリッとした質感が連想されますが、防水性かつ柔らかい質感のBreathatecを用いることで、このバッグの特徴の1つでもあるドレープ感も健在です。

大まかな仕様変更はございませんが今回は生地以外にも少しアップデートしています。

CREDIT
“whowhat” – WOOL COACH JACKET – ¥64,000+TAX-
“UNIVERSAL PRODUCTS ” – 2TUCK SLACKS – ¥30,000+TAX-

今回のカラー展開の内唯一の発色の良いビビットカラーなオレンジ。

上部を巻くことなく使用するとSmallサイズと言えど十分な容量のサイズ感、メインジップは大口開閉ですのでA4サイズくらいでしたら楽々に収納出来ます。

CREDIT
“STEPHAN SCHNEIDER” – JACKET WIG – ¥72,000+TAX-
“RICH FIELD” – SLACKS – ¥27,500+TAX-

どんな服装にも合わせやすく汎用性の高いブラック。

このバッグの名前の通り上部からくるくると巻くと半分くらいにまで小さく出来る仕様。
その日の荷物の分量に合わせ大きさを変えられるのは普段荷物の少ない方にも嬉しい点。

サイド下部のジップによって巻いた状態での荷物の出し入れも問題ありません。

CREDIT
“UNIVERSAL PRODUCTS” – LOW GAUGE CREW NECK KNIT  – ¥28,000+TAX-

ミリタリー色の様な少し淡いカーキ。

女性にもオススメなサイズ感にカラーリング、ショルダーバッグとしてだけではなく両端のドットボタンを留めるとハンドバックとしても使用可能。

今回の仕様変更点として両端のドットボタンの数、前作までは計3つでしたが今回は両端に2つずつの計4つ。前回の作りですとハンドバッグ型に変える際毎回ストラップ部分を外す手間があったのですが、今回の仕様変更によってストラップを付けたままでハンドバッグ型に変えられる様になりました。

もう1つは連結部のレザーの色です。長らくヌメ革を採用されてきたのですがブラックレザーに変更されたことでストラップと同色となり、より統一感が増しました。

 

CREDIT
“WHOWHAT” – 5X SHIRT TYPE2 – ¥35,000+TAX-

初見ですと大きすぎると感じるほどざっくりとしたサイズ感のMedium。
その生地分量を活かしそのまま背負う事でウェアの様な用途でコーディネートに組み込める面白いバッグ。

勿論こちらのサイズも同様にくるくるとコンパクトなサイズに丸められますので、用途によって使い分けて下さい。

CREDIT
“UNIVERSAL PRODUCTS” – CHESTER COAT – ¥64,000+TAX-
“COMOLI” – NYLON COTTON URAKE NARROW TRACK PANTS – ¥24,000+TAX-

少し巻いて背負ってもこの大きさ、コートなど重量アウターにも引けを取らない存在感に、Smallに比べてより一層ドレープ感を楽しめます。

こちらのサイズでしたら両端のボタンを留める事でトートバッグとして肩にかけることまで出来ます。

その他にも腰に巻きウェストバッグ/エプロンの様にして、様々な使い方でその日のスタイリングのアクセントに楽しめる面白いバッグ。

男女問わないアイテムを展開する同ブランドならではの解釈から生まれたバッグなのでギフトとして、またはお揃いでもオススメです。

 

是非店頭で色々お試し下さい。

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

RYO MIYOSHI Blog

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 荒木

November 22, 2018, 7:48 PM

Category: ARAKI Pick Up

TONSURE – OUTER + α –

 

TONSURE – REGULAR TROUSERS –

TONSURE – OVERSIZE SHIRT –

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの榊原です。

トンシュアーのルックを一目見た際に、思わず二度見してしまいました。

「ハイセンス」なスタイリングで個人的には滅入ってしまう気もする反面。
同時にその独特の世界観に引き込まれてしまう感覚。

ヨーロッパ選りすぐりの生産ラインを確保し、世間の解釈にとらわれる事なく伝統的なアイテムを進化させていくスタンス。

 

“TONSURE”

– UNSTRUCTURED COAT with ADJUSTABLE HARNESS BELT –

¥88,000+TAX-

CREDIT
“STUDIO NICHOLSON” – SIDE POCKET SHIRT B – ¥41,000+TAX-
“CLASS” – MANASHIKI – ¥41,000+TAX-

大人の色気を放つツイーディーなウールマテリアル。
そして、PVCのウエストベルトが備え付けられた、良い意味で一癖あるアイテム。

太いラペルを立てた際には、その素材感ゆえの雰囲気を一層楽しめるため、ついついテンションが上がってしまいました。

サイズ感はややゆとりのあるシルエット。

スウェットやニットなどボリューミーなアイテムを中に着込んでも、窮屈さを感じさせない適度なサイズバランス。

CREDIT
“I” – RIB L/S SHIRT – ¥16,000+TAX-
“m’s braque” – TRACK PANTS FOR 1LDK – ¥44,000+TAX-

一見、ハードルが高いアイテムに捉えられる方もいらっしゃるかと思います。僕もその一人でした。

実際に着用してみると、毎日の日常着にスッと馴染んでくれる形状、カラーリングだということにも気が付かされます。

 

“TONSURE”

– HARNESS BACKPACK –

¥48,000+TAX-

CREDIT
“E.TAUTZ” – ROLL NECK JUMPER – ¥49,000+TAX-
“UNIVERSAL PRODUCTS” – EASY WIDE SLACKS – ¥26,000+TAX-

パラシュートの衣服から着想を得た、実用的なバックパック。

インナーベストというカテゴリーには括りにくい、新しさを感じるアイテム。

コットンボディ、ベルクロストラップ、金属製のベルト。
ジップポケットが良い位置に配されています。

また、各ポジションに付属された金具の調節、中央のジッパーを下ろせば着脱もしやすく、使い方次第ではユーティリティー以外の何者でもありません。

男性は手ぶらで出掛けたい方も多いでしょう。
かといって手持ち無沙汰にならず、財布やスマホといった必需品を目に見える範囲内に忍ばせられる点も嬉しいかと。

コート/ジャケットの下、ニットソーの上に容易にデザインを加えられるはずです。

これがTONSUREならではの「バックパック」です。

 

“TONSURE”

– BOMBER JACKET –

¥65,000+TAX-

CREDIT
“COMOLI” – RUMS WOOL CREW NECK KNIT – ¥26,000+TAX-
“SCYE” – SLACKS – ¥39,000+TAX-

ミニマムなサイズ感が際立つジップアップブルゾン。

シンメトリーなポケットデザイン、ボリューミーなバランスを綺麗に整えられたショート丈が特徴の一枚。

個人的にも、このサイズバランスはあまり見かけたことがありません。

着丈を短めに設定し、全体的にコンパクトにまとめながら、素材のボリューム感を生かしたパッチポケットが印象的。

リブのテンションはやや緩めのウールファブリック。
中綿がぎっしりと詰まったハリのある表情。
裏地はコットンを採用し、表地とのコントラストもさりげなく目に映えます。

着丈の長いシャツとレイヤリングをしたり、ワイドパンツと合わせたり。
サイズバランスで遊ぶ楽しさが、このボンバージャケットの醍醐味ではないでしょうか。

 

デザイン性は豊か。
着こなしはシンプルに。

是非手にとってみて下さい。

 

そして、「ちょっとしたプレゼント」の選択肢の一つとして。

“1LDK STAND”

– KUUMBA FRAGRANCE SPRAY –

¥3,000+TAX-

僕も家で頻繁に使用している、KUUMBAのフレグランススプレー。

従来のNO.1とNO.2に加えて、NO.3とNO.4が新登場。

カーテンやソファ、カーペットなど、身の回りに存在する布製品はもちろん、この職業柄、洋服やカバン、スニーカーなどにも使える点が◎。

においの気になる所に一吹きするだけで抗菌/消臭してくれるスプレー。香りもほんのりとしているので大変使いやすいです。

元々の清潔感溢れるパッケージも相まって、今回改めて「気合いの入りすぎないちょっとしたプレゼント」の候補として提案させて頂きます。

 

個人的にも忘年会等の飲み会が多い時期に嬉しいアイテム。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

RYO MIYOSHI Blog

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 榊原

 

November 21, 2018, 9:17 PM

Category: ARAKI Pick Up Sakakibara

UNUSED – PANTS +α –

 

UNUSED “CREW NECK SWEAT”

UNUSED “L/S BORDER TEE / TRACK PANTS”

UNUSED “WOOL CASHIMERE SLIT PANTS”

 

こんにちは。
1LDK AOYAMA HOTELの荒木です。

先週から上物をメインに紹介して来ましたが、パンツも入荷しておりますので本日はUNUSEDからニット1型/パンツ3型をご紹介させていただきます。

“UNUSED”

-KNIT VEST-

¥36,000+TAX-

CREDIT
“FRANK LEDER” – VINTAGE BLUE STRIPE BEDSEET – ¥58,000+TAX-

CREDIT
“mfpen” – LODEN COAT – ¥85,000+TAX-

同ブランドが得意とするルーズフィットのシルエット。ニットベストに落とし込む事でここまで面白いアイテムに昇華されました。

極端にオーバーなサイズ感に伴い、ざっくりと空いた首元のVネックが、生地分量に対して重くなりすぎない印象を与えてくてるバランスの取れた設計。

両サイドに施されたジップの開閉でスリットの調節が出来、中に合わせたジャケットやパンツポケットへのアクセスを可能にしてあります。

ジップに採用されたのはLampo Zipper。
世界で1番美しいと言われる同社のジップに施されるメッキ加工は職人の手によって磨きがかけられ他にない輝きが特徴。名だたるラグジュアリーブランドに採用されるイタリアを代表するジップ。

細かなポイントですがちらっとジップがのぞいた時の事も考慮しての気配りも嬉しい点。

コートの上から着用する合わせもこちらのニットベストならではのオススメのスタイリング。大きく取られた身幅/アームホールが窮屈さもなく、裾のジップを解放する事でコートの上からでもざっくりと着用出来ます。

 

“UNUSED”

-CHECK PANTS-

¥28,000+TAX-

CREDIT
“mfpen” – WORK JACKET – ¥40,000+TAX-
“salvy;” – SHAGGY PILE P/O – ¥20,000+TAX-

CREDIT
“UNIVERSAL PRODUCTS” – CHESTER COAT – ¥64,000+TAX-
“COMOLI” – RUMS WOOL CREW NECK KNIT – ¥26,000+TAX-

ブラック/グレーのボーダーをベースに白糸でグレンチェックを重ねたイージーワイドパンツ。

ウエストゴムにドローストリングで安易な着脱、ストレスフリーな履き心地。そのゆったりとした雰囲気を加速させるように、太番手の綿糸で仕立てられた生地にサイドシームは切りっぱなしの遊びを施したグランジ感の漂う1本。

柄物パンツだからと言って癖のある合わせにくいパンツではなく、程よくワイドなシルエットに少しのテーパードを加え、秋冬の色味に加えやすいカラーバランスで抑えてくれているので、色合わせも難しくなく、つい手を伸ばしてしまいそうなパンツです。

 

“UNUSED”

-WOOL CUPRO STRIPE CENTER SLIT SLACKS –

¥31,000+TAX-

CREDIT
“m’s braque” – OFF TURTLE BIG PULL OVER – ¥36,000+TAX-

同ブランドがリリースするスラックスは毎シーズン評判の良い綺麗なテーパードシルエットが特徴的。そのスラックスに変化を加え、フロントにはスリットを入れる事でフレアしている様に見せてくれるのがこのパンツの1番の特徴です。

今期初旬にリリースのあった同型のブラックとは色/素材が異なり、ネイビーベースにグレーのストライプが入ったクールな印象。
素材にはウール/キュプラの混紡素材を用いる事でカシミア混とはまた違った良質な艶と肌触りを体感していただける逸品です。

ただ単にスリットを入れるだけでなくひざ下からピンタックを入れ生地を摘む事によってスリットの開きを抑え強調されすぎない様設計されており、革靴と合わせた時に足元を綺麗に見せてくれます。

ウエスト後部のレースアップ仕様はタックイン時にアクセントとなる装飾になっており、随所にデザインが組み込まれていますが、ベースにあるスラックスの品のあるシルエットは保ってあるので、様々なスタイリングで合わせてもらえると、このパンツの良さを感じていただけるのではないでしょうか。

“UNUSED”

-TRACK PANTS-

¥33,000+TAX-

CREDIT
“lownn” – OVER SHIRT – ¥54,000+TAX-
“UNIVERSAL PRODUCTS” – CASHMERE CREWNECK KNIT – ¥26,000+TAX-

ピンタックの入ったトラックパンツ。

ナイロン/レーヨン/コットン/ポリウレタンの混紡素材を使用した艶のあるスラックスの様な面持ちながら、伸縮性に優れサラッとした肌触りの生地、膝下までテーパードシルエット、裾にかけて緩やかにフレアをかけることで従来のトラックパンツとは違った見え方をしてくれます。

細身ですっきりとした設計ですが生地の優れた伸縮性のおかげで嫌な窮屈感は無く、いつもの服装にサラッと合わせられる万能なパンツ。

フレア/スラックスが苦手な人にもすんなり受け入れてもらえる良いところを合わせ、上手く纏め上げたカテゴリーを持たないオリジナルな1本。

 

手に取ってみて頂きたい今回のラインナップ、是非店頭で体感して下さい。

 

 

最後にギフト提案として紹介。

“UNIVERSAL PRODUCTS”

-SOCKS SERIES-

¥1,500~¥3,800+TAX-

ギフトの+αとして最適な靴下。UNIVERSAL PRODUCTSの靴下は何れも履き心地良い上、サイズはプレゼントしやすいフリーサイズ。25cmの私のサイズから28cmのスタッフのサイズにも難なくフィットしてくれます。

カラー展開も豊富に取り揃えておりますので何かもう1点で迷った時にはまずこの靴下です。

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

RYO MIYOSHI Blog

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 荒木

November 20, 2018, 8:13 PM

Category: ARAKI Otani Pick Up Sakakibara

“STEPHAN SCHNEIDER” – OUTER +α –

 

“STEPHAN SCHNEIDER” – KNIT –

 

“STEPHAN SCHNEIDER”

– JACKET AUBURN –

¥75,000+TAX-

こんにちは。
1LDK AOYAMA HOTELの榊原です。

先週のニットシリーズから、アウターへ。

CREDIT
“Midorikawa” – FLIGHT JACKET – ¥130,000+TAX-

CREDIT
“E.TAUTZ” – CORE COLLARLESS LINEMAN SHIRT – ¥34,000+TAX-
“UNUSED” – CHECK PANTS – ¥28,000+TAX-

ネックまで大ぶりの釦が施されたハイカラージャケット。

初見の生地は、格別なものです。

随所にニット素材を組み合わせ、ウールのような滑らかな生地感ながら、実はコットン100のボディ。ウールほど保湿性はありませんが、ライニングに中綿を敷き詰めたキルティング生地を採用し、しっかりと防寒面も拘り抜いたディテール。

コットンなので、比較的保管しやすい点も美味しいブルゾン。着丈はやや短く、ショートブルゾンのような感覚で着回しが効くアイテムです。

しっかりと身体を温めてくれる、今の気分にぴったりのアウターを。

“STEPHAN SCHNEIDER”

– TROUSERS FRINGE –

¥49,000+TAX-

JACKET AUBURNの組下で、ややタイトなテーパードパンツ。

こちらもコットンなので、シーズンを気にせずに重宝するパンツです。革靴との相性は抜群で、どこか気持ちを引き締めてくれるようなアイテム。

ウエストバンド仕様ながら、ベルトループも付属する気の利いた逸品。

 

“STEPHAN SCHNEIDER”

– JACKET WIG –

¥72,000+TAX-

CREDIT
“mfpen” – LODEN COAT – ¥85,000+TAX-
“salvy;” – SHAGGY PILE HALF ZIP P/O – ¥23,000+TAX-
“UNIVERSAL PRODUCTS” – EASY WIDE SLACKS – ¥26,000+TAX-

ガンクラブチェックのオープンカラージャケット。

所謂ノーマルなジャケットとは違い、フロント/バックを貼り付けたように仕立てた設計は、嬉しい事に腕周りの可動域を広げてくれる効果も。各部位ごとに縫い合わせるのではなく、一枚の生地を贅沢に切り取った過程も自然とイメージできるはずです。

これぞステファンが得意とする良い意味で違和感のあるパターン製法。

ナイロンをふんだんに使用した適度な柔らかさとハリを持ち、また非常に発色の良いカラーリングが一層映える仕上がり。フロントポケットは、サイドから出し入れするハンドウォームタイプ。袖口はシングル釦、フロントは5釦に。

オープンカラーでカチッとしすぎないビジュアルのせいか、ラペルを立てても格好がつきやすいです。

ブルゾン/シャツジャケット/インナーとして。どのカテゴリーにも定まらない「ステファンのジャケット」。

 

“STEPHAN SCHNEIDER”

– JACKET BLOWD –

¥79,000+TAX-

CREDIT
“whowhat” – WOOL COACH JACKET – ¥64,000+TAX-
“STUDIO NICHOLSON” – SIDE POCKET SHIRT B – ¥41,000+TAX-

内側にブルーニットを縫い合わせたブルゾン。

ウール/ナイロンのツルッとしたタッチ。こちらも至近距離から見ても圧倒される素材感。アームの裏地はキュプラを使用し、袖通しの良さを実現しています。着用した際に見える鮮やかなブルーのニットがアクセントに。インナーニット自体の裾リブはしっかりと強いので、中まで冷たい風が侵入してくることなく着用できます。

個人的にはジッパーを上まで閉めて、スポーティーにインナーとして。ボリュームのあるアウターを羽織れるほど、コンパクトなサイズ感も魅力の一つ。

使えるやつです。

“STEPHAN SCHNEIDER”

– TROUSERS SEPARATE –

¥51,000+TAX-

スラックスのような緩さと、上品な素材感が魅力のトラウザー。

程よくゆとりがありつつも裾にかけて落ち感があるワイドストレートシルエット。近くで見ると織りが見える独特な生地感にウール/ナイロンの品のある艶が特徴。もちろんセットアップでの着用もオススメです。

以上、唯一無二のラインナップ。

 

ついでに、「プレゼント」の選択肢として一つ。

“STEPHAN SCHNEIDER”

– STOLE –

¥18,000+TAX- 〜 ¥24,000+TAX-

素材の選定から仕上げの工程まで全てデザイナー自身が携わり、ブランド設立当初より続くアントワープメイド。

その素材だからこそ、居住する環境に適応してくれる自然体な「生地」。あの人の首元にあったらいいなと思えるステファンのストールを、青山では豊富に取り揃えております。

是非この機会にお立ち寄りください。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

RYO MIYOSHI Blog

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 榊原

November 19, 2018, 9:24 PM

Category: Pick Up Sakakibara

ネイビーブレザーとVゾーン。

 

” COMOLI ” – Suit Collection –

COMOLI for 1LDK AOYAMA HOTEL ” COMOLI BLAZER “

COMOLI for 1LDK AOYAMA HOTEL ” COMOLI BLAZER “ #2

ネイビーブレザーとデニム。

ネイビーブレザー(ジャケット)とニット。

ネイビーブレザーと巻物。

ネイビーブレザーといろいろ。

 

こんにちは。
1LDK AOYAMA HOTELの河上です。

紹介を続けてきたCOMOLI for 1LDK AOYAMA HOTEL “COMOLI BLAZER”(今見返すと物自体の説明はほぼしてませんね。。。)

いよいよ明日から発売致します。

 

本当はタイドアップのスタイルも紹介しようと思っていたのですが、合わせて提案しようと思っていたアイテムがシーズン始まって早々に無くなってしまいました。

僕のシャツタイはドレス店舗を辞めて以来更新出来ておらず、当時の私物で紹介するのは少し違う気がしたので辞めました。

ただ、シャツとのコーディネート/シャツタイでのコーディネートはテーラードジャケットの醍醐味。
それをしないのはジャケットを着る楽しさを半分くらい捨ててしまう事。

 

なので、タイドアップ/チーフ含めたVゾーンのコーディネートはその道のプロにお任せしたいと思います。

ドレスクロージングに精通した店舗は都内に多数存在します。(しかもお店毎に得意とする、提案するスタイルが異なるので、見ていて面白いです。)
また、クラシックな分野を抑えながら、遊びを効かせた提案が出来るお店も中にはあるのです。

約1年程前に1LDK AOYAMA HOTELの目の前にオープンしたDIETRO LE QUINTEというお店も僕が紹介したい場所の一つ。

 

“DIETRO LE QUINTE”

住所:東京都港区南青山6-11-8
TEL:03-6427-9894
営業時間:10:30~19:00
定休日:日曜日

主に取り扱っているブランドはナポリのCesare Attolini(チェザーレ・アットリーニ)。

一言にアットリーニ、と言ってもこのお店はアットリーニの素晴らしい点を最大限に伝える事が出来る物のみを厳選している点も特徴の一つ。

例えば日本人向けにモディファイされた別注物ではなく、現地と同じシルエットのものを。
シルエットだけで無く、一部のジャケットに関しては仕立ての良さがより伝わる様に、裏地を付けずに裏の生地の処理等が完璧に施された物等。

パッと見ただけでとんでもない物が並んでいるので、気軽に触れるのが恐ろしいですが、
だからこそ他との違いをより肌で、目で感じやすいかと。

アットリーニの既製のみでは無く、ス・ミズーラ(パターンオーダー)も展開しています。

 

僕の経済力ではこのお店で袖物はおろかイタリアのシャツファクトリーで作ったドレスシャツすらも手が届かないのですが、
このお店の良さは「素晴らしいものを扱っている一方で、入りづらさを感じない事」。

僕はこのお店でプレゼント用のポプリしか買った事が無いのにたまにお直しの相談までしてしまう始末。。。(僕がお願いして取り寄せてもらった香水はまだ引取り出来ずにお店に陳列され、しかも載せた写真に映り込んでます。)

洋服だけでなく、その他の装飾品/お店自体に興味がある方への間口が広く、スタッフの方の物腰もとても柔らかで居心地が良い場所。

いつかここで買い物がしてみたい。
そう思えるお店です。

Vゾーンの相談だけで無く、お近くまでいらしたら是非。

 

DIETRO LE QUINTEは一つの例。
冒頭に書いた通り都内には多数のドレスクロージングに精通したお店があり、それぞれ得意とする、提案するスタイルも異なります。

僕がご紹介出来るお店は限りがありますが、「これくらいの予算でこういう風にしたい。」とおっしゃって頂ければある程度はお伝え出来るかと思います。

同様にご自分で気になるお店を回って「こういう風にしたいんだけど、何を合わせれば良いですかね。」とそのお店の店員さんに聞けば色々と提案して頂けると思いますし、ハマらなければイメージを伝えて他のお店を紹介してもらうのもアリかもしれません。

 

堅苦しいイメージと、ルールがあるスーツ・テーラードジャケット。

ただそれは他の洋服も同じだと思うのです。

テーラードジャケットはメンズウェアにおける機能服。
物としての歴史も古く、それぞれの形にそれぞれの意味/用途がある為種類が多く、それを総称して「ジャケット」と括ってしまうからルールがある様に感じてしまうし、とっつきづらさを感じてしまうだけ。

単純に「格好いいなあ。」と思える物を手にとって羽織ってみてはいかがでしょうか。

最初はもしかすると不安になるかもしれません。

ただそれを着こなす過程すらも楽しめるのは、男性のみに許された特権なのです。

 

 

※COMOLI for 1LDK ” COMOLI BLAZER “は11月17日(土)から1LDK AOYAMA HOTELにて発売致します。

誠に勝手ながら、当日店頭にお越し頂く方を優先的にご案内させていただきます。
お取り置き、事前のご予約等も全てのお客様にご遠慮頂いております。
在庫のご用意がある場合のみ、翌日18日(日)から通信販売をお承り致します。

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 河上

November 16, 2018, 8:29 PM

Category: Kawakami Pick Up

ネイビーブレザーといろいろ。

 

” COMOLI ” – Suit Collection –

COMOLI for 1LDK AOYAMA HOTEL ” COMOLI BLAZER “

COMOLI for 1LDK AOYAMA HOTEL ” COMOLI BLAZER “ #2

ネイビーブレザーとデニム。

ネイビーブレザー(ジャケット)とニット。

ネイビーブレザーと巻物。

 

こんにちは。
1LDK AOYAMA HOTELの河上です。

 

「何を着ているか、どんなブランドを着ているかなんてどうでも良い。
大切なのは洋服を着ている人がその背景・その場所にどう溶け込むか。
何故そこにいて、何故それを着ているか、の方がよっぽど重要だと思う。」

これは僕の大先輩が言っていた言葉。

 

前職のクラシックな分野を抑えつつ、デザイナーウェアをメインにコーディネートしている諸先輩方の着こなしは本当に刺激的でした。

テーラードジャケットのインナーとしてルイスレザーのサイクロンを着ていたり。(めちゃかっこよかったです。)
テーラードジャケットを裏返しにして着ていたり。(何故。)
テーラードジャケットをそのままパンツにタックインしていたり。(パンツに入れられる物は全て入れていいんだ、と言っていました。)
働いている場所は違いましたが、テーラードジャケットの一部を解体してそのまま着ている方もいらっしゃいました。(何故。。。)

一緒に働いていた約3年間は驚きと衝撃の連続。
しかもその対象が一人や二人では無く、それぞれのベースも全く違うので、とても楽しかったです。

「そんなのありなんですか?」と、一度聞いてみたんですが、
「お前の浅い常識と小さな世界観で洋服の枠を決めつけるのはやめた方がいい。」と言う答え。

「お前そのコーディネート2度としてくんなよ。」と、言われた次の日に要所のポイントを整えて前日の僕と同じ様な合わせで出勤していた方もいらっしゃいました。

他にも色々ありましたが、シャイで身内に対する言葉は面倒なのか選ばない、不器用(良い意味です)な諸先輩方は、背中で常に何かを伝えようとしてくれていた場面が多かった気がします。

 

「今ナシな物が、早くて明日。遅くとも5,6年後くらいにアリになっているのが洋服。だから、何かを単純に”嫌いだから”という理由だけで諦めない方が良いんじゃないかねえ。」

本質的に大事な事は聞こえるか聞こえないかくらいのトーンでボソッと呟いたり。

その一つ一つの行動や言葉の意味を少しずつ理解し始めたのは1LDKに入社して一店舗を任されて暫く経ったタイミングでしたが。

テーラードジャケットはメンズウェアにおける機能服。

国毎の違いはもちろん「誰がどこで何をするために」という前提を元に様々な型が作られて来ました。

そしてそれは同じ一枚のジャケットにおいても何をどう合わせるかで変化します。

着用されてきた背景が多岐に渡るブレザーは、より”何をどう合わせるか”で様々な見え方に変わる洋服だと感じます。

 

1LDKには「単純に感覚だけでデザインがされた洋服」が少ないです。

サンプル元を含めて、誰かのライフスタイルに適した機能や目的を含むリアリティのある洋服が並ぶ場所。

 

単純に物以外の。

誰が何をどうしたくて、という部分を詰め込む事が出来る様な余白のあるCOMOLIのブレザーを提案するには適した場だと思ったのも、今回の別注を企画した理由の一つなのです。

 

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 河上

November 15, 2018, 7:10 PM

Category: Kawakami Pick Up Sakakibara

ネイビーブレザーと巻物。

 

” COMOLI ” – Suit Collection –

COMOLI for 1LDK AOYAMA HOTEL ” COMOLI BLAZER “

COMOLI for 1LDK AOYAMA HOTEL ” COMOLI BLAZER “ #2

ネイビーブレザーとデニム。

ネイビーブレザー(ジャケット)とニット。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの大谷です。

 

連日更新しておりますCOMOLIの別注ブレザーについて。本日は息抜きも兼ねて僕から紹介させて頂きます。

 

と言っても既に詳細や別注に至るまでに関してはSTAFF河上よりしっかりと紹介しておりますので、本日はブレザー(ジャケット)に合わせたいアイテムを軽く。

ラペル物に言えることですが、どうしてもVゾーンが寒かったり、時に寂しく感じることがあるかと思います。

インナーに合わせるニットは昨日ご紹介させて頂いておりますので、本日は巻物です。

上にアウターを羽織ってしまうのはまだ早い気もするかもしれません。朝の出勤時や夜の帰宅時は寒く感じる日も多い中で、体温調整しやすく、そこまで邪魔にならない「巻物」というアイテム。また簡単に色味を足せる点も良さの一つ。

1LDK各店の中でも袖物が多いAOYAMA HOTELでは、袖物との相性の良いストールを豊富に揃えておりますので、是非ブレザーと合わせてお試しください。

写真でさらっと。

” STEPHAN SHNEIDER “

– Stole -¥18,000+TAX-

Wool 100%

” STEPHAN SHNEIDER “

– Muffler -¥18,000+TAX-

Wool 100%

” STEPHAN SHNEIDER “

– Stole -¥23,000+TAX-

Wool 100%

” STEPHAN SHNEIDER “

– Stole -¥21,000+TAX-

Wool 100%

今季もSTEPHAN SCHNEIDERのストールをご用意しております。

コレクションに使用したアウターやニット生地をそのまま巻物に落とし込み、ブランド特有の色や柄、素材使いを気軽に楽しめる優れもの。価格帯もそこまで高くないので、色物、柄物をあまり取り入れない方でも楽しみやすいのではないでしょうか。

それぞれ大きさが異なり、厚み、タッチも違うのもSTEPHANのストールならでは。

また表裏で全く異なる配色の組み合わせとなったダブルフェイスの生地のタイプもあるので、巻き方で様々な表情を見せてくれます。

 

” Joshua Ellis “

– Stole -¥27,000+TAX-

Cashmere 100%

既にご紹介する前に完売してしまったパターンも多いのですが、毎秋冬シーズンに欠かさずJoshua Ellisのストールもオーダーしています。

Joshua Ellisは創業1767年の英国最古のテキスタイルブランド。
「他が追従するカシミアを作る」という哲学の元、現代まで知識と技術を磨き続けてきました。
原毛から生地織仕上げまでを職人が丁寧に織り上げたカシミアは、触ってはもちろん、見ただけでも良さを感じて頂ける仕上がりです。

こちらは赤のチェックが映える一枚。

単純に素材の良さだけでなく、配色の良さ、柄の面白さもJoshua Ellisの巻物には感じます。

 

ネイビーブレザーのVゾーンを華やかに、単純に防寒面でも一役買ってくれるので、是非色々な巻物も合わせてみてください。

 

COMOLIのブレザー発売まであと3日。

もう少しお付き合いください。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 大谷

 

November 14, 2018, 10:57 PM

Category: Otani Pick Up

WHOWHAT – OUTER Series –

 

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの荒木です。

ここ数年で定番とされてきたルーズフィットの洋服が各ブランドからリリースされていますが、その中でもブランド初期から独特な観点でブレずにその洋服を作り続けているWHOWHAT。

冬のメインアウターが届きましたのでご紹介致します。

 

“WHOWHAT”

– WOOL COACH JACKET –

¥64,000+TAX-

今年の春夏シーズンでも同ブランドからリリースのあったコーチジャケット、生地をマイナーチェンジして秋冬仕様に。

 

<STAFF 荒木 height:169cm body weight:55kg>

CREDIT
“salvy;” – SHAGGY PILE HALF ZIP P/O – ¥23,000+TAX-
“STUDIO NICHOLSON” – ITALIAN WOOL MENS DOUBLE TAPERED PANT – ¥55,000+TAX-

<STAFF榊原 height:188cm body weight:65kg>

CREDIT
“salvy;” – FINE WOOL JERSEY TURTLE NECK TOP – ¥17,000+TAX-
“UNUSED” – CHECK PANTS – ¥28,000+TAX-

今回セレクトしたサイズはざっくりと着用して頂きたくMサイズのみですが、どなたでもアウターとして着用出来るサイズ感で用意してあります。

表地には日本のウール産地である尾州一宮のカシミア混ウール素材にビーバー加工を施した生地を採用。織り上げた後にフェルトの様な加工をすることで、柔らかな手触りが特徴なビーバーの毛皮の様な面持ちを表現しています。また、ウールだけではなくカシミヤを30%混紡させることで、上質な光沢・心地良い滑りがプラスされた上質な生地です。

更に中綿には羽毛の約2倍暖かいと言われるシンサレート、袖通りが良いキュプラを総裏地に貼る事でしっかりとメインアウターとしての着用を可能にしています。

全体的にゆとりをもたせたサイズ感ですが、裾に施したドローストリングで絞ることで、単調なボックスシルエットに変化を与えてくれる仕様。

表に2つ、裏に4つのポケットが付いている実用性の高さも見逃せません。

バサっと羽織れるコーチジャケットとしての使いやすさはそのままに、下にもたっぷりと着込めるサイズ感ながら、品のある生地使いでラフな印象を感じなせない一枚。本格的に寒くなるこれからに向けて心強いアウターです。

“WHOWHAT”

– TIBET COAT <L-BEIGE>–

¥73,000+TAX-

CREDIT
“WHOWHAT” – 5X SHIRT TYPE2 <LONG> – ¥35,000+TAX-
“UNUSED” – SLACKS – ¥34,000+TAX-

同ブランドがシーズンごとに生地を変えリリースを続けているTIBET COAT。今季はCOACH JACKET同様シンサレートの中綿入りのパデットコートとして。

目が細かくなめらかな表地はイタリア・リモンタ社のポリエステル/ナイロンに、国内にて撥水・形状記憶・ヴィンテージ加工を施したもの。裏地にはキュプラを使用し、袖通りも申し分なし。

生地分量が多く極端にオーバーなシルエットに対して袖丈はジャストの設計。細身のパンツを合わせてこのボリューム感を楽しむのがオススメ。

首元まで釦を留めスタンドカラー/ラペルを作り着用出来る仕様に、付属した同生地のベルトを締める事でもう一面変化を付けられます。

ベルトを後ろで縛り、バックにプリーツを集め前面はスッキリと、一見別のコートの様な表情まで見せてくれます。

 

“WHOWHAT”

– TIBET COAT <BLACK>–

¥73,000+TAX-

CREDIT
“ I ” – RIB L/S T-SHIRT – ¥16,000+TAX-
“Midorikawa” – WOOL TROUSERS – ¥55,000+TAX-

生地の柔らかな表情が際立つ優しい色味のBEIGE。落ち着いたマットなBLACK。こちらのコートも同様でMサイズのみのセレクト。

こちらは先程の着方とはまた異なり前でベルトを締めてみました。
フロント/バック全体にプリーツが入る事でボリューム感を残しつつも、メリハリのつくシルエットに。

ベルト位置の低さと中綿の入りのふんわりとした素材が相まり、変にかしこまった印象を与えることなくウエストマークできるので、お好みで調整していただければと思います。

 

ストレスフリーな着心地に真冬を快適に暖かく過ごせる、ざっくりと着てシルエットを楽しむwhowhatのアウターを、是非体感してみて下さい。

 

 

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 荒木

November 14, 2018, 9:29 PM

Category: ARAKI Pick Up Sakakibara

ネイビーブレザー(ジャケット)とニット

 

COMOLI for 1LDK AOYAMA HOTEL ” COMOLI BLAZER “

COMOLI for 1LDK AOYAMA HOTEL ” COMOLI BLAZER “ #2

ネイビーブレザーとデニム。

 

こんにちは。
1LDK AOYAMA HOTELの河上です。

本日も引き続き過去の回想含めたCOMOLIのブレザーの紹介を。

 

少しずつスーツ・ジャケットにも慣れ、ドレスクロージングという売り場にも慣れて来た当時の僕ですが、
入社してから抱き続けていた、あるストレスに耐えられなくなった時期があります。

「(仕事をしている時以外に)普通に着られる洋服が欲しい。。。」

とりあえず売り場に立つ為に、クロージングの基礎を学ぶ為に最低限の洋服を手に入れたのですが、
それはどう考えても僕のカジュアルなライフスタイルを形成するのに適した洋服ではありませんでした。

ジャケットは好きになって来たからいいんだけど、それに合わせるシャツは手持ちのドレスシャツや、どんなにカジュアルでもB.Dシャツくらいしか無い。

折角ジャケットを着るのが楽しくなっていたので、普段着としてカジュアルにジャケットを着こなす為にはどうすればいいんだろう。

 

これはもう毎日のトライアンドエラーでしか解決が出来なかったのですが、「クラシックな分野を抑えつつ、デザイナーズメインのコーディネートをしている諸先輩方」を参考に幾つかの答えに辿り着きました。

その中の一つはジャケットのインナーにニットを合わせるという事。

 

僕は合わせるジャケットによっぽどの理由が無い限り、カットソーの上に直接ジャケットを羽織る事はしません。

丸首のニットであればジャケットの生地感に合わせてゲージや縫いやデザインを変えればある程度は対応が出来ます。

今でこそ色々と他の選択肢も思いつくのですが、お金も知識も選択肢も少ない当時の僕にとっては革命的なコーディネート。

秋冬はウール地の物を、春夏にはコットンやリネン地の物を。
という風に切り替えればオッケーというシーズンの切り替わりにも対応が出来ました。

より気軽にジャケットを羽織る事が出来、合わせるパンツの選択肢も増え、合わせるシューズの選択肢も増えました。

何より、自分の中で「ドレスクロージング」という枠と「デザイナーズウェア」という枠と「カジュアルウェア」という枠が少しずつ外れていったのもニットのおかげだと思っています。

1LDK AOYAMA HOTELでは今シーズン、袖物に合わせて欲しいニットをメインに買い付けています。

「袖物に合わせて欲しい。」という括りなのでハイゲージからミドルゲージの物まで。

まずはハイゲージの物から順に。

<SIZE:3 STAFF榊原 height:188cm body weight:65kg>
[STUDIO NIHCOLSON “FINE GAUGE TURTLE NECK” ¥39,000+TAX-]

メリノウールを使用した編み地の非常に細かいモックネックニット。

ここまでゲージの細かいニットになると、体に沿うような細身の物か、もしくはゆったり着ようとすると着丈も袖も長く、アームホールも大きくなってしまってバランスが崩れやすいのですが、STUDIO NICHOLSONの物は着丈もすっきりと、身幅はややゆとりのあるパターン。

生地に上品なドレープが生まれ、一枚で着用しても十分に形になるアイテムです。
ピリングや型崩れが起きづらいのも特徴の一つ。

そんなバランスの良いハイゲージニットですが、このニットの魅力は何かを上から羽織った時に発揮されると思います。

ストレスを感じない柔らかな首回り。
折り返す必要が無いくらいのちょうど良い長さのモックネック。

前述した通りニット自体も一枚で着た際にしっかりと格好が付くので、室内でジャケットを脱いだ途端に急に残念な感じになってしまう、という問題も起きないかと。

カラーはネイビーとボルドー。

ミリタリー/ユニフォーム/スクールといった多くの要素を含み、多くの先人が伝統的に着用し、着崩して着たブレザーは個人的には色物と合わせた際に様々な印象を与えると思います。

[UNIVERSAL PRODUCTS ” CASHMERE CREW NECK KNIT ” ¥26,000+TAX-]

今秋冬シーズンの仕込みも終盤に迫る4月頃にSTAFF大谷と気付いた「シンプルなハイゲージニットがとても少ない」という仕入れ内容。

1LDK AOYAMA HOTELにはラペル付きの袖物が多いので必然的にインナーとして提案しているのはシャツとニットです。

今シーズンは特にジャケットの当たり年だったと感じるほど袖物は良いものが多く、色々と仕込むことが出来たのですが、
肝心の気軽に合わせられる様なニットが無いのは致命的です。

・日常的に着回せるシンプルさ
・日常的に着るのだから、着用するのに気負わない様なプライス
・毛玉が出来てもある程度気にならない様な糸の上質さ
・ジャケットを合わせるのに腕回りが邪魔にならない様なそこまで大きく無いバランス

というわがままな条件を元に再度色々当たってみたのですが、

・糸の細さなどの素材感がイメージ通りな物はプライスが高い
・ハイゲージニットはインポート物だとボディバランスが大きい物が多い
・そしてインポート物を日本人体型に寄せた物は元の全体的な雰囲気が崩れている物が多い

等、あまりしっくりくる物が見つからずに途方にくれていた所、ある事実に気付きました。

「そういえば僕らのイメージ通りな物って、去年のUNIVERSAL PRODUCTSのカシミヤのクルーネックニットだよね。」

 

と、いう流れから作る事になったカシミヤ100%のクルーネックニット。

2枚買って着まわしているのですが、着ている内に「肌着にしても最高に気持ち良いのではないか。。。」という変なベクトルの可能性に気付いてしまった為、もう何枚か買い足す予定です。

オススメです。

 

次からミドルゲージ物へ。

[E.TAUTZ “CORE SHETLAND JUMPER” ¥28,000+TAX-]

E.TAUTZのシェットランドウールニット。

オーダーする際に、
「シェットランドウールニットかぁ。JAMIESON’Sを思い出すなー。」と思いながらオーダーしました。
E.TAUTZは自身のプロダクトの生産にイギリスの伝統的な生地メーカーや、伝統的なファクトリーを良く使うのでもしかすると!とは思いましたが、到着したらしっかりJAMIESON’Sの紙タグが付いてました。

JAMIESON’Sはシェットランド島最古のニットファクトリー。
シェットランドウール特有の毛足の長い、軽く保湿性に優れたニット。
元々の表情も比較的バルキーなので、毛玉が出来てもどうでも良いかな、と思える気軽さも好きです。

軽く、暖かで生地感豊かなニット。
カントリーなボトムスや、カントリーなシューズに合わせたい場合等、このニットを持ってくると間違いないかと思います。

伝統染色の味わい深いカラーリングも◎

説明不要かもしれませんが、JAMIESON’Sのフェアアイルニットはウィンザー公が愛用された事でも有名です。

クラシックでトラディショナルなニットメーカー。
一方で格式高さを一切感じさせない、日常に馴染むニット。

 

・・・余談ですが、僕が一番最初にジャケットに合わせ始めたのもメーカーこそ違えど(僕の場合はANDERSONのEVERESTでした)シェットランドウールニットです。

 

次は編み地が特徴的なSTEPHAN SCHNEIDERの物を。

[STEPHAN SCHNEIDER “JUMPER GRADIENT” ¥49,000+TAX-]

市場に流通している生地を使わず、生地デザインの段階からデザイナー自らが加わるSTEPHAN SCHNEIDER。
個人的にはこのブランドの最大の魅力はその特徴的な生地にあると感じているのですが、
特に素晴らしいのがニット地だと思います。

ワッフル地の軽く柔らかな風合いが特徴的なJUMPER GRADIENT。

カントリーな風合いを感じる先ほどのシェットランドウールニットとはまた違う、スポーティながらどこか上品な印象を与えます。

[STEPHAN SCHNEIDER ” JUMPER STRIPE ” ¥39,000+TAX-]

STEPHAN SCHNEIDERらしい、テキスタイルを利用したグラデーションカラーが特徴的なアイテム。

「シンプルなニットにブレザーにスラックス」というコーディネートは変わらずとも、全体的な印象は変化します。

Vネックへの抵抗感は徐々に無くなって来ているはずですが、そこまでVネック自体が深くないので取り入れやすいかと。

どことなくスクール感を感じさせてくれるJUMPER STRIPE。

[STEPHAN SCHNEIDER “MEL JUMPER NATURAL” ¥42,000+TAX-]

今シーズン用意したSTEPHAN SCHNEIDERのニットの中でも特に編み地がユニークなMEL JUMPER NATURAL。
ブラウンをベースに色々な色がネップの様に入っているので、色を拾って楽しむことも。

ミドルゲージのタートルネックで生地感は豊かですが、ドライな風合いのニット地なのでニット特有の蒸れが苦手な方も取り入れやすいかと思います。

[E.TAUTZ “ROLL NECK JUMPER” ¥49,000+TAX-]

先ほどのCORE SHETLAND JUMPERはJAMIESON’S製。
対してこのROLL NECK JUMPERはイギリスの英国御用達のニットメーカー製。

身幅は緩く、着丈は短めの一枚でざっくり着ても形になるタートルネックニット。

しっとりと肌に吸い付く様な着用感が特徴的。

これくらいのゲージになるとジャケットをアウター感覚で羽織れるかと思います。

[LIVING CONCEPT “LOW GAUGE TURTLENECK KNIT” ¥20,000+TAX- ]

[LIVING CONCEPT “LOW GAUGE CREWNECK KNIT” ¥ 19,000+TAX-]

最後はLIVING CONCEPTのローゲージニット。

これ以上ゲージが太くなると物理的に難しくなってくるのですが、ニットの生地感が増すとジャケットや他のアイテムとの素材感の違いがより明確になるので個人的には好きなコーディネートです。

最後におまけで今日の僕のコーディネートをそのまま。

ジャケットにニット、というコーディネートは僕の中では欠かせない物なのです。

 

ちょっと自分語りに読んでいる方も僕も疲れている頃なので、明日はSTAFF大谷から紹介してもらおうかと思います。

 

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 河上

November 13, 2018, 9:28 PM

Category: ARAKI Kawakami Pick Up Sakakibara