1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

THEME: Pick Up

着ていく場所を想定して。

 

1LDK ECサイト運営スタッフ募集

1LDK 新店舗出店に伴うショップスタッフを募集します。

七つのbagjack。

第二回OUTER PICK UP。

ブルゾン派の提案する2つのアウター。

私の「お気に入り」と...

切っても切れないカラーを。

女性目線で選ぶギフトアイテム。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの榊原です。

“ちょっとした贅沢”

東京はどこの街へ行っても賑やかなムードになって来ましたが、そんな気分に便乗するように服装も気合を入れてみる。といった趣旨のご紹介をしていこうと思います。

というのも、ドレスコードらしいものを考えてはみたものの、思い当たるセットアップがないなぁと、自身のワードローブを振り返ってみて気に掛かる点がありました。

周りのショップもギフトシーズンへ向けて本腰を入れております。もちろん僕達も。と言っても、何を選べば良いかわからない、そもそもどんなお店で選べば良いかなんて、目的がなければタイミングでしかありません。

少し街をぶらぶらして、興味本位で入ってみれば意外と見つかる、なんてことはよくある話です。僕たちも皆様と同じく、自分の脚でギフトを選び、どれが良いかなんて事をショップの方と実直に相談しながら決めるのですが。遠方へ届ける際も、家の近くのヤマト運輸さんと一緒に梱包する時間すらもワクワクしてきます。

はたまたギフトを一緒に決める、なんてことも今となっては珍しくありません。そっちの方が楽なのではないか。という意見にも頷いてしまうかもしれません。

ちょうど今週末はお客様がお連れ様と一緒に時計を選びに来て下さるので、今回は”ちょっとした贅沢な日”を求めて、その日にあったドレスコードを一通り。

 

僕、榊原は良い年齢になって来たので、友人の結婚式の二次会を連想して。

博多出張で青山にいない間にSTAFF杉村がマフラーはコレ!と豪語していたもので、Joshua Ellisのマフラーを改めて触ってみましたが、このしっとりとした手触りがとてつもなく気持ち良いです。カラーも落ち着いた印象なので、難しい色使いの時でもすんなり溶け込み、他も引き立ててくれます。

VAGUE WATCHのデジタルモデル、DG2000もちょっとした拘りで僕たちスタッフ間では、その愛用度合いから「郡モデル」として親しまれているカスタムウォッチ。通常のラバーベルトをオレンジステッチの入ったレザーベルトに切り替え。当人にはかなり軽蔑されましたが、こちらも見ていたら欲しくなってしまったので、、。

どこかでカジュアルな一面性を取り入れたかったのですが、私物のFLANK LEDERのアーカイブシャツに、DOG WOOLのジャケットを被せたら他で付けたりせずに終わってしまいました。

このDG2000はジャンル不問だと思って僕も毎日付けていますが、本当に気に入っているのでどんなスタイルでもお構いなしです。

CREDIT
“Joshua Ellis” – GIANT WINDOW PANE – ¥57,000+TAX-
“FRANK LEDER” – DOG WOOL JACKET – ¥88,000+TAX-
“CLASS” – MANASHIKI – ¥45,000+TAX-
“VAGUE WATCH CO.” – DG2000 × LIZARD BELT – ¥27,000+TAX-

少しだけオシャレしないとな、なんて使命感に駆られることも無きにしも非ずですが、そこまで考え込むこともなく、、

今回は色物をメインに。

正直普段は柄も色もウェアに対して求めない性ですが、ここは心機一転、本当に全部欲しいくらいです。CLASSのパンツはもともと気になっていたこともあって、なんで残っているのか不思議なくらい魅力的です、、。

 

続いて、STAFF杉村のパーティー仕様。

私物の通称”アンコンジャケット”に小物をちらちらと覗かせたスタイル。彼は休みの日でもかなりラフな格好を楽しんでいますが、小物への拘りも女子力の表れでしょうか。

そして、UP×VAGUE WATCHのBB EX1もさりげなく光る存在感。昨日女性目線のギフトと題して紹介していましたが、気に入ったのか大人っぽさも追加しています。

今回は彼の普段の雰囲気をガラリと変え、シックにオールブラックで。一年共にしていますが、とても新鮮です。

CREDIT
“UNIVERSAL PRODUCTS” – UNCONSTRUCTED JACKET – ¥52,000+TAX-
“lownn” – DOUBLE PLEATED WIDE TRS – ¥43,000+TAX-
“UNIVERSAL PRODUCTS × VAGUE WATCH CO.” – BB EX1 – ¥30,000+TAX-
“ED ROBERT JADSON” –  HELIX – ¥15,000+TAX-

少しキャップについて触れますが、ブラウンのCOMOLIのインナーニットに、バーガンディーのCOMESANDGOESのキャップとの色合わせも気が利いています。僕も同アイテムのブラックを多用していますが、重たくなりそうな装いに艶やかなキャップも若干のストリート要素で東京には馴染むかと。

パンツは、着用している杉村もこれに頼りっきりとなっている、lownnのテーパードトラウザー。他ブランドの物でもここまでセットアップとしての面構えが良いと、様々な場面で使えるはずです。ふっくらとハリのあるメルトンウールを使い、直線的にシワが入ります。このスッキリとしたシルエットもまたサイズが合えば納得するはずです。

タイドアップと謳っていますが、これくらい砕けた感じでも他と差別化して面白いかと。

 

最後は新人のSTAFF柳沼に。彼に目的地を聞くと、

「美術館に行ってきます。」

と、仕事中なのでもちろんお店へ戻りましたが、少し落ち着いた休日を連想させるセットアップを着てもらいました。ANCORの立体的な生地感も特徴で、こちらは博多でもご用意がありましたが、やっぱり上下揃えた方が雰囲気も倍増しますね。うっすらとしたウィンドウペンなので、そこまで柄自体の主張も無く自然体で着られます。このネイビーとカーキのバランス、トーンも然り、比翼なのでシャツというよりはブルゾンに近い感覚で取り入れ可能。

UP初期のユーティリティバッグの復刻、さりげなく組み込んでいますが、手持ち、肩掛け、バッグパックといった背負い方の幅も豊富。移動しながらの作業も、手間を取ること無く対応してくれます。

PCにノート、ペン。都会の喧騒から離れ、コーヒー片手にもの書きをしてみるのも悪くないかと。ホテルの名が付くだけに、こういったカチッとしたスタイリングやロケーションも新鮮な程に久しぶりでした。

CREDIT
“COMESANDGOES”  – CASHMERE 100 CASQUETTE – ¥16,000+TAX-
“ANCOR” – OVERSHIRT HECTOR – ¥42,000+TAX-
“ANCOR” – ACHILLE – ¥34,000+TAX-
“STEPHAN SCHNEIDER” – SCARF ARAGON – ¥24,000+TAX-
“UNIVERSAL PRODUCTS” – UTILITY BAG – ¥29,000+TAX-

“服と目的地を照らし合わせてみる”

そんなことも一つ、ファッションを楽しむ上で欠かせない条件だと思います。

それでは、明日は晴れそうなので、気持ちの入る服を纏って出かけるとしましょう。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 榊原

December 10, 2019, 9:38 PM

Category: Blog Pick Up Sakakibara Sugimura Yaginuma

切っても切れないカラーを。

 

1LDK ECサイト運営スタッフ募集

1LDK 新店舗出店に伴うショップスタッフを募集します。

いつもと違った視点で。

寒波到来。

七つのbagjack。

第二回OUTER PICK UP。

ブルゾン派の提案する2つのアウター。

私の「お気に入り」と...

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの杉村です。

各々に、自分はこの色。と好きな色味や目に留まるカラーがあると思います。特に買い物中なんかはその系統のアイテムが気になって仕方がない、、なんてことも経験あるはず。

今回は各々スタッフが思い入れのあるカラーをピックして好きにプレゼンする、ちょっとした提案方式で進めていきます!

まずは僕から。いつの間にか切っても切れない存在になっていました。

何故かと理由を聞かれると明確な答えは出ませんが、純粋に好きだということ。

以前発売したチルバスターは勿論、夏はUPのヘビーウェイトTEEでも選んでしまう程、、というより気付いたらオレンジを手に取っている、知らない内にマストカラーになっていました。

古着で見かけるナイロンジャケットだったり、いなたい雰囲気のアイテムを買い漁って来たので、派手だなぁと思いながらも取り入れ辛さを感じたことはありません。

“STEPHAN SCHNEIDER”

– JUMPER ANCHOR – ¥45,000+TAX-

店頭でも目に付くオレンジ。その中でもピックするなら、まずこのニット。さりげなくクリスマスカラーだからか、購入タイミングが頭を過ぎります。結構ゆったりと着れるサイズ感なので、適当に袖をロールしてラフに使うのが好み。アルパカのふっくら感が強いので、気持ちよく着られる嬉しいポイントですね。

“UNIVERSAL PRODUCTS”

– MACKINAW JACKET –  ¥72,000+TAX-

もう一点はこちら。オレンジ、、のグレンチェックが今のシーズンにも好印象なUPのマッキノージャケットです。私物のチルバスターに羽織って。

何処かしらで色を拾うスタイリングも好きですが、オレンジに関しては一点投入、差し色の役割に期待して使うことが殆どです。

前はオレンジ×カーキのように、完成形のカラーリングでセットを組むこともしばしばありました。今は適当にグレーのインナーに飽きたからコッチにしよう、と面白いから、くらいの感覚で取り入れています。オレンジは飛び道具的なポジションだと思っているので、こういった扱いが良いというのが個人的な意見です。

“Maison Margiela”

– SHORT WALLET –   ¥52,000+TAX-

そして、小物も強いのがオレンジ。左が私物のDIGAWELのカードケースです。

もう一方が狙っているマルジェラのウォレットで、やはりオレンジを選ぶのかと自問自答しています。エルメスオレンジなんて呼ばれるくらい、品の良さでは一つの象徴的なカラー、それは惹かれるものがあるのも頷けます。

このように、同じ色でも違った感覚で見せてくれるのがオレンジの良いところ。複数の魅力がある色味、試してみたくなりますよね。思い切ってギフトにオレンジ、なんてのもありだと思います。

それではこの辺で次のカラー担当にバトンを託します。

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの柳沼です。

先日、先輩である杉村の方から、今回のBLOGの内容をLINEで伝えられました。

その時既に、杉村はオレンジを選んでおりまして、、、(実は私もオレンジ好きです...)何色にしようかと悩んでいたところ、以前少し奇抜なファッションが好きだった頃を思い出し、その時に好んでいたパープルにしようと決めました。

当時は、ストリートやモードといったジャンルの洋服も好きだった為、派手に目立たせる意味でパープルを使う事が多かったです。

例えば、

発色の強いナイロン地のアウターをオーバーサイズで。

艶感のあるシャツをインナーに差し込む。

バッグと帽子をパープルの色で統一させたりと。。。

今思えばかなり攻めていた気がします。笑

そんな時の事も思い出しながら、今回は青山にご用意しているパープルをご紹介出来たらなと思います。

そして本日、店頭に並んでいる商品をざっと見たところ、1LDK的に落とし込み易い色味の商品がちらほら...


左から

“UNUSED”-DUCK BZ-

¥63,000+TAX-

“UNIVERSAL PRODUCTS”-YAAH PIECE DYED CREW SWEAT HOODIE-

¥22,000+TAX-

“UNIVERSAL PRODUCTS”-YAAH PIECE DYED CREW NECK SWEAT –

¥20,000+TAX-

パープルと聞くと、「派手」「主張が強い」「合わせ辛い」と思うのが一般的。

しかし、STAFF郡、STAFF木下がいつも頭をフル回転させながら考えている売り場には、巧いこと他の商品に馴染んでおりました。

そしてその一点一点も、決して合わせ辛さを感じさせない癖の無い色味で、元からパープル好きだった私にはとても好ましい色味です。

ここで色ではなく素材の話ですが、

今ご用意しているパープルの商品は全て素材にコットンを用いています。

コットンを用いる事で天然素材ならではの、味、クタクタ感がありつつ、染色の入りも良い華麗な色に落ち着いています。

実際に使い、着用と洗濯を繰り返していると、古着の様な良い味が出てくれそうな期待も持てますし、服を育てて着るという言葉もかなりマッチする佇まいかと。

さて、色味と素材の話をしたところで、一番難しいであろう合わせ方を話しを。

今回はUNUSEDのダック地のブルゾンでコーディネートを組んでみました。

以前の私なら、これにオレンジのパーカーや、ドレッシーなスラックスを合わせていた事でしょう。。。

それもそれでいいかとは思うのですが、今回は1LDKらしさに重点を。

まず全体的に揃えたかったのは、生地の風合い。

アウターはダック地、インナーはウールのニット、パンツはコーデュロイ。

ブルゾンがダック地なので、スウェットや、チノパン、デニムで合わせてしまうと、ワーク要素が強くなるなと感じたので、北欧を感じさせる柄で彩ったE.TAUTZのニットに、上品な色味が落ち着いた印象を与える、同じくE.TAUTZのコーデュロイパンツで合わせてみました。

CREDIT
“E.TAUTZ”-GRAPHIC CREWNECK-¥62,000+TAX-
“E.TAUTZ”-CORE FIELD TRS-¥34,000+TAX-

柄物のニットやコーデュロイのパンツと言うと古着屋でよく見るアイテムですが...新品ではまた違った印象に見せてくれます。特に今回ピックしたE.TAUTZのアイテムは尚更。そこは是非店頭で見てみて下さい。

話しは戻り、この合わせをする中で一番のポイントは、ニットの配色。

クリーンな白ベースでありながら、柄はパープルの原色である赤と青。私は今回ここに目を付けました。

原色の色で合わせれば、例え派手な色でも馴染むのではないか、と。

個人的には、しっくり来ていますがいかがでしょう、、。

他にも、冒頭の写真のように他の色と合わせて並べていても違和感がないことから、是非様々な色合わせに挑戦して頂きたいです。

勿論、お店にいらっしゃった際には、私達なりの提案をさせて頂きます。

ではこの辺りで、パープル話は終わりとさせて頂きます。

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの榊原です。

最後のバトンを受け取りました。

カラーピックと題していますが、特にカラーを絞り切れずにこんな具合に色が嵩んでしましました。

途轍もない物量の中から、これとこれを合わせたら面白いなぁなんて化学反応を試せること自体、販売員として提案する中で楽しみの一つとなっております。

CREDIT
“lownn” – NOVE COAT –  ¥92,000+TAX-
“E.TAUTZ” – PLEATED TROUSERS – ¥44,000+TAX-
“m’s braque” – STRIPE STOLE – ¥14,000+TAX-
“Mountain Research” – A CAP – ¥12,000+TAX-

ネイビーにはバーガンディー。

といった勝手ながらこの配色の組み合わせが大のお気に入りです。

ロンドンに在住していた頃、どうにもこうにもこのカラーリングを楽しむファッショニスタに憧れていたのも確かです。今回はコートをlownn、パンツをE.TAUTZといったヨーロッパのプロダクトで固め、m’s braqueのスカーフで雰囲気を増し、キャッチーなMountain Researchのキャップで外しを。

少し目立つくらいでも、東京の街並みにとってはどうってことのない、ただビビることなくファッションを楽しもう、みたいなテンションで組んだ結果です。

それくらい自由で好きなものを合わせてみる過程に、意外としっくりとくるものがあります。

CREDIT
“is-ness” – REVERSIBLE PULLOVER SWITCHING JACKET – ¥64,000+TAX-
“URU” – WOOL EASY PANTS – ¥32,000+TAX-
“UNIVERSAL PRODUCTS” – WATER PROOF WOOL BUCKET HAT – ¥9,000+TAX-

ネイビーという名目でご紹介していますが、どこがと突っ込まれそうになるくらい他のカラーが勝ってしまっていまいました。。。

とやかく言わず、先ずは着てみる。フード付きのアノラックタイプでガバッと被せるだけ。一着の見栄えや着映えが飛び抜けているので、思い切ったアウターが欲しいという方には持ってこいかと。その名の通り、ボアとのリバーシブル仕様で、昨今の寒さでも余裕です。

これにはワイドパンツでしょ。

と罵声が聞こえてきそうですが、あえて僕らしい細身のスラックスと。

意外とこういう綺麗で楽なパンツは無いななんてSTAFFとも話していましたが、URUのイージースラックスはその大本命とも言えるようなパンツです。

いかがでしたでしょうか。

秋冬においては差し色、主色といったカラーの取り入れ方は最大の醍醐味だと思っています。

明日もこのタイミングで季節最後の追い込みを掛けてみては。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 杉村

December 7, 2019, 8:53 PM

Category: Blog Pick Up Sakakibara Sugimura Yaginuma

REEL Pop-up store in 1LDK AOYAMA HOTEL

 

いつもと違った視点で。

寒波到来。

七つのbagjack。

私の「お気に入り」と...

フワフワの小物

 

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの榊原です。

 

“REEL(リール)”

 

2018年よりスタートした、革小物を中心としたブランド。

REEL = 巻き取る

その時々の時代背景を巻き取り、革で形にしていきたい良いう思いから発足。

男女隔てなく日常に馴染むミニマルなデザインに拘り、裁断、縫製、仕上げの全行程をアトリエにて行っています。

 

 

“REEL Pop-up store”

in 1LDK AOYAMA HOTEL

12/7(Sat) – 12/25(Wed)

 

 

個人的に約1年ほど使用してきた、キーケースとロングウォレット。

今ではだいぶ良い感じになってきました。

祐天寺のアトリエを拝見させてからというもの、作り手の宗片さんとも世間的な話をさせていただくようになり、実際にここから生まれているんだなぁと生々しくもリアルな感じでこの革小物に触れていた頃を思い出します。

 

財布を新調しようとしたそのタイミングに、僕は踏ん切りをつけました。

実際に親身になって一緒に悩んでくれるデザイナーの宗片さん、そして当時取り扱いのある”feets”ショップマネージャーの阿部さんがそばにいました。そんな見守ってくれる環境もなんだか安心して決められるものです。

 

なんと言っても一つ一つの思い入れ、さらにはハンドにより時間をかけてゆっくりと生み出される丁寧なプロダクト。

期待以上のコストパフォーマンス。

 

 

REELの革について少し。

イタリアのテンペスティ社の革を使用。

テンペスティ社 = 数多くのタンナーが集まる植物なめしの生誕地と言われるトスカーナ地方のサンクローチェにある老舗のタンナー

環境保護に配慮し、家具や紙を製造する為の木材の余剰物から抽出した100%の植物由来の原材料の身をなめし剤に。原皮も食肉加工の家庭から生まれるものを使用。

使い込むほど、それは時間が経過することで気づかないうちにエイジングが加わっている証拠でもあります。

 

 

元来人間が必要しているもの、これはどこから生まれ、人の手に渡り、愛用され、役に立っていくのか。そんな抽象的なことですが、一時でも考えさせてくれる、奥の深さも感じさせてくれます。

もともと宗片さん一人で製作している為、途方も無い労力が。それに伴い、大量に生み出されるものでもない為、一点の重みも明らかです。

今回は無理言ってこれだけのラインナップをご用意していただきました。

本当にありがとうございます。

 

 

期間は2週間弱と少し余裕がありますが、お時間の許す限りゆっくりと悩まれて見てください。商品の詳細は追ってたっぷりとご紹介していきます。

「あの人にあげたいなぁ。」なんて考える時間も楽しいです。

これだけの品揃えなので、自分自身も追加したい欲がじわじわと。

 

 

毎日肌身離さず使うものだから、少しでも拘りたい。

そんな願望を叶えてくれる”REEL”。

ぜひ手に取ってみてください。

 

※REEL Pop-up storeは、1LDK AOYAMA HOTELにて明日12/7(Sat)〜12/25(Wed)の期間中のみの開催となります。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 榊原

December 6, 2019, 10:04 PM

Category: Blog News Pick Up Sakakibara

今買うなら。

 

1LDK ECサイト運営スタッフ募集

1LDK 新店舗出店に伴うショップスタッフを募集します。

OUTER PICK UP Vol.1 STAFF #SUGIMURA

OUTER PICK UP Vol.2 STAFF #SAKAKIBARA

OUTER PICK UP Vol.3 STAFF #KINOSHITA

いつもと違った視点で。

寒波到来。

七つのbagjack。

第二回OUTER PICK UP。

ブルゾン派の提案する2つのアウター。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの木下です。

急な気温の変化により、僕らも同じように皆さんも

今期のアウターどうしよう。。

と急な悩みが頭に浮かんでいる方も多いはず。

今買うなら、、そう考えた時に僕が店内にあるアウター類で直感的にこれだ!と感じたアウターを二型ご紹介させて下さい。

ただそれだけではただの僕の趣味になってしまうので、一個のカテゴリに絞った上で “今買うならこれというものを。

 

“UNIVERSAL PRODUCTS”

-MACKINAW JACKET-

¥72,000+TAX-

チェック柄を今買うなら。そう考えた時に、世に溢れているなというのが率直な感想でした。

そしてそのチェック柄を載せているアウターのフォルムも似ているものが多いので、例えば次のシーズンを見越したとしても違う型を選びたい。それと同時にあまり見ない柄という視点も忘れてはいけません。

ふっくらと立体感のある雰囲気にグレンチェック。そこにオレンジを差すことで絶妙に主張がなされています。

マッキノーコートというのも中々馴染みがありませんでしたが、オーバーコートやブルゾンの購入を考えているのであれば間違いなくこれです!

保温性は完備されていますが、チェックという所に助けられるのではなく、さらにレイヤードで首元を着飾るのがこのコートに対しては非常に気分でした。

柄が一点あれば、なんて思いますが、そこは欲張って色々な着方を楽しんでいくのが良さそうです。

そしてそこに加えて、この見た目なのに程良くルーズ。


CREDIT
“COMOLI” -LAMBS WOOL TURTLE NECK KNIT- ¥30,000+TAX-
“UNIVERSAL PRODUCTS” “WOOL CPO SHIRT” ¥26,000+TAX-

見た目の大人っぽさと着易さ、この今の流行、そして好みに直結するかのような本当に少しの調整が堪りません。

楽に着たいけど子供っぽくなりたくない。そこをしっかりと実現するようなアウターです!

そしてもう一着はSTAFF杉村に着用してもらいました。

“STEPHAN SCHNEIDER”

-COAT PURPOSE-

¥103,000+TAX-

続いてはベルギーのステファンのものを。

ブランド、そして実際に物を見た時の僕の感想としては非常に大人な佇まいだということ。

ただ、一消費者としての目線から見た時、クレイジーパターンのチェックというのは相当惹かれました。しかもこのカラーリング。

暗さはあるものの、左右でトーンを変えることで遠くからの見た目にも大きく影響してくれます。

そしてこれに関してはサイズもジャストサイズ。緩く着るのではなく、このぴったりな感じで着用して頂きたいと思っています。

合わせるなら、、と個人的趣味だけではなく僕らとしてこれにはパンツはこれだろう、なんて半ば半強制的な提案かもしれませんが、、

シャツコートのような感覚なのでマフラーで防寒をしつつ、パンツはデニム。

勿論マフラーのカラーも出来るだけ合わせて頂きたいとまで思っています。

SNS等で登場するスタッフのスタイリングも、正直趣味が現れてしまっているものも多いです。それぞれの好きなジャンルに寄ってしまったり、、

ただこのコートに関しては、組んでみたこのスタイリングがしっくりと来過ぎてしまいました。

柄に対する面白さはあるチェックながら、ビジネスシーンでも活躍することが容易に想像出来るかのようなコートだと思います。


CREDIT
“E.TAUTZ” -CORE SHETLAND JUMPER- ¥28,000+TAX-
“cantate” -Denim Flare Trousers for 1LDK AOYAMA HOTEL- ¥34,000+TAX-
“UNIVERSAL PRODUCTS” -AIR MERINO 5G KNIT SCARF- ¥18,000+TAX-
“Zattu” -KINAX- ¥36,000+TAX-

小物で見せつつコート本体の主張も抑えずに。

柄物を一点取り入れることで普段のスタイリングの普遍的な印象は解消することができます。

しかしそこも活かしつつ他のアイテムと喧嘩しない程度の味付けも非常に楽しそうです。

 

今買うなら是非選んで頂きたいアウター二点。

チェックを買うならこれで決まりです。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND insragram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 木下

December 2, 2019, 8:45 PM

Category: Blog Kinoshita Pick Up Sugimura

どこか味気無い。

 

1LDK ECサイト運営スタッフ募集

1LDK 新店舗出店に伴うショップスタッフを募集します。

OUTER PICK UP Vol.1 STAFF #SUGIMURA

OUTER PICK UP Vol.2 STAFF #SAKAKIBARA

OUTER PICK UP Vol.3 STAFF #KINOSHITA

いつもと違った視点で。

寒波到来。

cantateのコートに魅せられて。

七つのbagjack。

第二回OUTER PICK UP。

ブルゾン派の提案する2つのアウター。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの木下です。

ここ数日アウターのBLOGが続いていましたが、ここは一つ違った切り口で。

というのも、休みの日に個人的に感じたことで、パンツを穿いて、インナーを着て、そして最後にお気に入りのアウターを羽織る。

なんか普通だなってなりました(笑)

今日の僕の私服にlownnのコートを羽織ってみました。しかしなぜかピンと来ません。勿論物は良いのに。

黒のニットに黒のパンツ、革靴。

普段着ているアウターに関しても、物自体お気に入りで買ったもの、そして値段もある程度します。

帽子やマフラー、小物類で味付けしようと考えましたが、一旦それは最終手段として、今回は元々着ている服のイメージ変えてみるという手段を取ってみようと思います。

素材なのか、色なのか、はたまたシルエットなのか。

ここでも様々な種類が選択肢に挙がります。

柄、その中でもチェックや他の総柄。

そしてコーデュロイやウールのフラノ等様々。


CREDIT
“LOWNN” -OVER SIZED COAT-¥98,000+TAX-
“COMOLI” -RAMBS WOOL CREW NECK KNIT- ¥28,000+TAX-
“E.TAUTZ” -CORE FIELD TROUSERS (CORDUROY)- ¥34,000+TAX-

攻めずにここはコーデュロイを選びました。ニットに関しても変えていますが、ベージュのコートとはいえロング丈で全体を占める同色の面積が大きくなるのでどうしても一辺倒になりがち。

そんな時はネック部分から何か別の色を出してみるのも良さそうです。

また、攻めてないとは言えコーデュロイの色味も鮮やかなので、スタイリングの明るさが変わって第一印象の見え方も一気に変わると思います。

パンツベースでしたが、続いてはインナーベースで選んでみました。

今回選んだのはこの二点。色で見せるのか、パッチワークの表情で見せるのか。

レイヤードするのであれば単色の物を重ねて見せるのがセオリーですが、ダウン等であれば重ね着は逆に出来ません。。

そうなってくるとここは表面の表情、デザインで見せるのが最善でしょうか?


CREDIT
“TEATORA” -Souvenir Hunter EVA- ¥120,000+TAX-
“is-ness”  -MOSAIC KNITTED SWEATER- ¥39,000+TAX-
“UNIVERSAL PRODUCTS” -WOOL 2TUCK SLACKS- ¥28,000+TAX-

コートのボリューム感があるとは言え、インナーで少しは遊び心を加えたいところ。

何もない白のニット、それだけでは何だか寂しいという時にはいつも着ていないカラーを思い切って選んでみる、モヘア等のように質感を変えてみる等のような工夫でまた違ったスタイリングの楽しみ方が生まれるのではないでしょうか。

数年前に買ってタンスの肥やしと化してしまったアウターを再び活かせたりするかもしれません。

 

そもそも1LDKの根底にスタンダードというワードが存在していますが、その中でもありそうでない、そして普遍的でないアイテムも存在します。

そう言ったものを一点投入して他との掛け合わせを楽しんでみたり。

新しいブランドを始める、という時も気持ちとしてはそういった感じです。ざっくりイメージとしてあれとあれを組み合わせたら面白いだろうななんて考えつつ。

そして最後に小物を考えていくことで冬のトータルコーディネートを形成してみて言ってはいかがでしょうか。

僕はどちらかというと(多分服が好きな方は皆さん同じかもしれませんが)季節は冬が好きです。重ね着をしたりして楽しめるから。

夏だとTシャツにパンツ、やせ我慢して頑張ってシャツを羽織ったりする程度。

これは気温が一気に落ちてまたファッションが楽しくなりそうです。

そしてここでやっと小物の登場。

帽子やアイウェア。今からの時期であればマフラーなんかもマストアイテムですね。

スタイリングを組んで最後の締めに選んでみてください。

この三枚に凝縮して写真を撮りましたが、実はまだご紹介していないアイテムがあったりします。

そろそろあの時期も近いので、、是非楽しみにしていてください!

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND insragram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 木下

November 28, 2019, 9:05 PM

Category: Blog Kinoshita Pick Up Yaginuma

ブルゾン派の提案する2つのアウター。

 

1LDK ECサイト運営スタッフ募集

1LDK 新店舗出店に伴うショップスタッフを募集します。

OUTER PICK UP Vol.1 STAFF #SUGIMURA

OUTER PICK UP Vol.2 STAFF #SAKAKIBARA

OUTER PICK UP Vol.3 STAFF #KINOSHITA

いつもと違った視点で。

寒波到来。

cantateのコートに魅せられて。

七つのbagjack。

第二回OUTER PICK UP。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの杉村です。

連日のアウターピック。各々スタッフが好きなアイテムを選ぶこともあって、中々にミックスした内容となっております。その中でもコート派、ブルゾン派、etc..とそれぞれよく着ているアイテムがあって、、

皆さんにも◯◯派といった、ついついそればかり選んでしまうような自分の中でのマストアイテムが存在すると思います。そうなった時に、コート派だからブルゾン等のBLOGにはあまり興味が湧かない、と、最初のキャプションで入り口を狭めてしまっているかもしれないと考えました。

そこで、どちらの意図も汲めるように得意アイテムとその反対、、つまり

今回はコートをあまり着ないブルゾン派の僕からオススメの1着と、着るならこれかな、と比較的着やすく感じたコートの2点をご紹介していきます!

“EVCON”

– MOUNTAIN PARKA –

¥39,000+TAX-

先ずは、スタンダードに使えるマウンテンパーカーを。

この手のアイテムは個人的に結構持っていますが、薄さ、身幅、ネックの高さと欲しいポイントが色々あって、、その中でもコレというのが個人的にポケット数、収納力だったりします。

ギア系のカテゴリだけに大体のモノには多く収納が設けられていますが、形が出たり、納まりが悪かったりピッタリとフィットするのが無かったり、、

休みの日は、ほぼ手ぶらで出かけるので、被り物を脱いだりちょっと飲み物を買うと、手持ちが多くなって嵩張るケースがよくあります。そういった邪魔を減らしたい思いで普段マウンテンパーカーを選びがちな側面もあり、その持ち運びの楽さからEVCONのマウンテンパーカーを選んだのも理由の1つ。

脇から後ろにかけて付いているので少しわかり辛いかも知れませんが、横並びの2連ポケットです。しかも深さがあるので、キャップからペットボトルまですっぽり収納。両サイド合わせて計4つ分あるので、必需品の携帯に困ることはまず無さそうです。見た目的にも、スプレー缶を腰に差していた、あのグラフィックアーティストを彷彿とさせるようでグッときます。


CREDIT
“COMOLI” – LAMBS WOOL KNIT – ¥28,000+TAX-
“COMESANDGOES” – HEAD BAND – ¥8,200+TAX-

あとは基本的なところでフロントの比翼、袖のフラップを備えているので、使い回しには申し分ないかと。他にポイントに挙げていたネック、身幅についても高さ、広さそれぞれバッチリ。適度に地厚で、今のシーズンの街歩きであればこのくらいのテンションでバサッと羽織って出掛けるのが良さそう。

“TEATORA”

– DEVICE COAT DP –

¥98,000+TAX-

そしてもう1点、あまりコートを選ばない僕の中でコレだ!、そう思わせてくれるTEATORAのDEVICE COATを。

これがコート枠、、と昨日紹介したUPのLOOSE COAT辺りを想像していた方に対して逆に想像を裏切れていたら嬉しいです。

まず、生地感からして入り易いです。メルトン地等の、所謂秋冬の王道コートといったところは、いきなり手を出すにはタイミングが必要。王道コートも手持ちにありますが、いざ外出となって手に取るのはシャカっとした生地感のガシガシ使えるものが殆どです。その点このコートは見た目からしてイメージし易く、いつも合わせているニットやシャツなんかもイケそうだと、比較的近い感覚で使えます。

そして、マウンテンパーカーの件でも登場した収納力、ここも兼ね備えています。というより、そこがストロングポイント挙がる程。そのマウンテンパーカーにあるようなギアの要素をコートにプラスしたイメージ。

スマホの充電器からA4の冊子まで、かなりの容量を備え付けているので、変わらず手ぶらで過ごしたい人にも自身を持ってプッシュ出来ます。


CREDIT
“mfpen” – DISTANT SHIRT – ¥25,000+TAX-
“UNIVERSAL PRODUCTS” – AIR MERINO 7G KNIT VEST – ¥24,000+TAX-
“lownn” – PLEATED WIDE TROUSERS – ¥40,000+TAX-

薄くて寒そう。このコートについて度々店頭で聞く言葉ですが、そんなことはありません。(雨降りの為、室内の撮影ですが。)

表面を擦るとわかりますが生地の間にもう1枚、特殊な素材を噛ませており、それがかなりの優れもの。羽織っているだけで体温や湿度に反応し、コートの内側から自然と暖めてくれます。吸湿発熱機能と呼び、少し動いて時間が経つと温度の上昇を肌で感じるくらいに暖かいです。

そして案の定暑がりなので、暖まって来た頃にはコートを脱いで脇に抱えることになりそうですが、軽くてクルクルと丸めておけるので煩わしさも最小限に。制電性も備えているので静電気の心配も無く、思いっきりニットの上に重ねて大丈夫です。

クリエイターに向けた機能服のコンセプト通り、見た目と実用性の両方で頼りに出来る点が嬉しいですよね。この内容なので、ちょっとコートにトライしてみたいなと考えている人にはイチ押しです。

 

ブルゾン派の視点でこちらの2点をレコメンドしました。少しでも同じ気持ちで見てくれている方がいると嬉しいです。あとは、店頭に足を運んで頂ければ、、。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND insragram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 杉村

November 27, 2019, 7:38 PM

Category: Blog Pick Up Sugimura

「京都・新店舗スタッフ募集 ※12月4日(水)〆切」

 

こんにちは、1LDKです。

 

少し前に告知していましたが、再度アナウンスさせて頂きます。

 

「1LDKの新しい店舗が来春、京都にオープンします!」

場所は、複合商業施設「新風館」です。(https://shinpuhkan.jp/)旧新風館があったところと同じ場所。新業態となって来春パワーアップして生まれ変わります。

 

2階から7階には、アメリカのエースホテルがアジアで初進出。設計は、新国立競技場を設計したことでも有名な世界的建築家、隈研吾氏です。

関西初進出のテナントも多く、ミニシアターが入ったり、京都の新しいランドマークになるスポットです。新生「新風館」と共に、僕たちも京都を盛り上げていこうと思います。

 

それに伴い、オープニングスタッフを募集していましたが、今回改めて再掲すると共にエントリー最終締切とさせていただきます。

 

応募方法をよくご覧の上、奮ってのご応募お待ちしております。

 

 

【選考の流れ】

エントリー→書類選考(通過者のみ1週間以内に連絡)→現地面接(12月6日(金))→内定

※今回、京都店にご応募頂き選考に進まれた方は、現地の「新風館」にて面接をさせて頂きます。

 

-募集要項

①店長候補

②メンズ・レディース販売スタッフ

 

-職務内容

①店長業務(基本的なPCスキル必須)

仕入業務

販売に関わる業務全般

 

②販売に関わる業務全般

 

-雇用形態

①正社員(都内店舗にて研修期間3ヶ月程度有)

 

②正社員(試用期間3ヶ月程度有)

アルバイト(正社員雇用有)

 

-応募資格

①アパレル販売経験3年以上

*店長経験者優遇

 

②学歴、年齢不問

*アパレル販売経験者優遇

 

①②1LDKの世界観に強く共感し、コミュニケーション能力が高い方。忍耐力があり、積極的に業務を推進していける方。

・性別不問

 

・語学堪能者優遇

・オープニングスタッフ経験者優遇

 

-勤務地

京都新店舗(新風館跡地)*2020年3月末~4月OPEN予定

 

-就業時間

実働8時間(早番・中番・遅番)

 

-休日

月9日(シフト制)有給・夏季、冬季休暇有り

 

-給与

①②能力経験を考慮の上決定

 

-待遇

賞与1回(業績連動型)、昇給年1回

社会保険完備、社販割引制度、社販補助制度、住宅手当、配偶者手当、出産休暇、育児休暇

 

-その他

交通費 月\25,000-まで支給

 

-応募方法

履歴書・職務履歴書・自己PR(書式自由)・全身写真をご送付下さい。

書類選考後、面接をさせていただく方のみ1週間以内にご連絡を差し上げます。

なお応募書類の返送は致しません。

 

-応募先

〒150-0033

東京都渋谷区猿楽町11-19

株式会社アイディーランドカンパニー 採用担当者宛

※履歴書には必ずメールアドレスのご記入をお願いします。

弊社からの連絡をご記入頂いたメールアドレスへ送りますので、記載がないとご連絡致しかねます。ご了承下さい。

※12月4日(水)〆切

 

-お問い合わせ先

recruit@1ldkshop.com

 

November 25, 2019, 9:36 PM

Category: Blog Pick Up

七つのbagjack。

 

1LDK ECサイト運営スタッフ募集

1LDK 新店舗出店に伴うショップスタッフを募集します。

流れに左右されない天邪鬼な物作り

OUTER PICK UP Vol.1 STAFF #SUGIMURA

OUTER PICK UP Vol.2 STAFF #SAKAKIBARA

OUTER PICK UP Vol.3 STAFF #KINOSHITA

いつもと違った視点で。

寒波到来。

cantateのコートに魅せられて。

 

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの木下です。

昨日僕の日課である天気予報を見ていたら、今週いっぱいは雨という驚愕の天気予報が表示されて冷や汗をかきました(笑)

僕らは撮影等に関しても自分達で行っています。と、そこで重要なのは天候。

光が綺麗に入ってくると無駄にテンションが上がってしまいます。その為今日は雨なのでおのずと室内での撮影をする羽目に。。

しかし今回その撮影を行ったのはそういった悩みさえも吹き飛ばしてくれるあのアイテム達。そして今週の天候すらももろともしない機能性を持ち合わせたバッグ。

出勤時の少しの悩みも解消してくれるはず。

今回入荷したのは全七型。これは見ごたえがあります。

1.”bagjack”

-little jack-

¥36,500+TAX-

今まで青山の前任の店長陣が使っていた事で僕の中での記憶にも新しいメッセンジャー。

今回入荷した事を聞きつけた中目黒のSTAFF四枝も即購入です。

掘っていくとドイツ軍特殊部隊の装備開発やACRONYMへの製品供給、ハリウッドではSF映画のプロップを提供する等活動の場を広げているbagjack。

軍物と聞くと目がない訳ですが、デザインと言う訳ではなく、機能性、そして耐久力。

同ブランドのバッグを手に取ってしまうと一生手放せない、なんて思っています。

まず開くとこんな感じです。

ここでまず発見があり、まずはマジックテープの強度に注目です。簡単には外れない作り。

そこからさらに進んでいくとラミレート加工が施された内側の真っ白なデザインが。

ジップがあるところだと容易にポケットと認識できるのですが、実はその後ろにもポケット。大型であるにも関わらず内部での小分けを可能にしているメッセンジャーです。

簡単に説明しただけでもこの文字数。全てを説明し尽くすと読んでもらえなさそうなので次のご紹介に移ります。

ちなみにブラックなのはこのバッグのみ。他はグレーでムラのあるものをチョイス。

2.”bagjack”

-Hunting shoulder bag OC-

¥28,800+TAX-

ヘルメットバッグのような表面のデザインが特徴的。ベルト内蔵なので、別々での使用も出来ます。

ショルダーとして、そして単体でのバッグとして。

物によってにはなりますが、出張や打ち合わせ、そういった場合にも臨機応変に対応できるバッグだと思っています。

グレーのボディがなんとも大人な雰囲気です。

裏面にもポケット、そして表面には三つのポケット。

LITTLE JACK程複雑な構造ではないものの、この無骨さも同ブランドの魅力の一つです。

ちなみにショルダーに付属しているポーチはというと、、

3.”bagjack”

-TCL square pouch-

¥10,000+TAX-

実はスクエア型のポーチ。

この後度々登場してくることになると思いますが、単体というよりは追加でカスタムするようなテンション。

カスタムし始めるときりは無いですが、ちょっとした他との差をということで少量ご用意しております。

とはいえ実際バッグの中に仕込んで通常通りポーチとして使って頂いても問題無いので、汎用性は抜群。

カラビナ等を付けられるミルスペック的なデザインも心を奪われるポイントです。

4.”bagjack”

-Laptop cover-

¥18,000+TAX-

13インチのMacbookがすっぽりと入るラップトップケース。こちらにももはやお馴染みのカスタムが出来る外側のモールシステムが付属。

ブリーフケースのようにビジネスシーンでも活躍するデザイン。

そしてこちらも。

5.”bagjack”

-TCL cable pouch-

¥14,000+TAX-

一緒に付属させている小振りなポーチ。

武骨なデザインがより一層アイテムを引き立てます。

手帳、ボールペン等、そして充電器とパソコン。

持ち物も量、そしてみなさんの使い方によってあらゆる顔を見せるbagjack。

小型のポーチも持っておけば持っておく程楽しさが増します。

6.”bagjack”

-Traveller bag-

¥28,000+TAX-

随所で感じるミリタリーの面持ち。内側の複雑な構造もそういった想像を掻き立ててくれます。

マガジン、GPS、救急品、グレネード等のポーチから着想を得たかのような仕上がり。

個人的には大好物です。

そもそも表面のデザインから、一目見た時に何かあるんだろうなという想像は間違いなく出来ますが、その想像の遥か上を行っています。

アクセサリー感覚で持って頂けると良いと思います。

 

今回ご紹介した大まかに分けてここまで六つ。

最後の一つは実はショルダーストラップなのです。

七つ目はなんだろうと楽しみにされていた方すみません!(笑)

しかし、それにも理由があります。

大体のものには元々ショルダーストラップが付属しています。しかしラップトップには付属していないのです。そして面白い事にあのモールシステムにはこんな使い方も、、

7.”bagjack”

-TCL shoulder strap-

¥6,500+TAX-

 

CREDIT

“bagjack” -Laptop cover- ¥18,000+TAX-

“bagjack” -TCL square pouch- ¥10,000+TAX-

“bagjack” -TCL cable pouch- ¥14,000+TAX-

 

それぞれの構想を掻き立てる七つのbagjack。

みなさんはどう使いますか?

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND insragram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 木下

November 22, 2019, 9:54 PM

Category: Blog Kinoshita Pick Up Sugimura

1LDK STAND 博多Pop-upより

1LDK ECサイト運営スタッフ募集

1LDK 新店舗出店に伴うショップスタッフを募集します。

流れに左右されない天邪鬼な物作り

OUTER PICK UP Vol.1 STAFF #SUGIMURA

OUTER PICK UP Vol.2 STAFF #SAKAKIBARA

OUTER PICK UP Vol.3 STAFF #KINOSHITA

cantateのコートに魅せられて。

寒波到来。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの杉村です。

ただ今1LDKは福岡は博多にてPop-upを開催中。

店頭で話していると多くの方に周知してもらっているらしく、スタンドのアイテムについて、こっち(都内)ではやらないんですか。と聞かれることがよくあります。

やります。それも明日から。

しかも、1LDK STANDでは初となる、、

“1LDK STAND”

– L/S CREW KNIT –

¥12,000+TAX-

“1LDK STAND”

 – CREW NECK KNIT VEST –

 ¥10,000+TAX-

ニットシリーズです。それぞれカラーは

クルーネック→GRAY、NAVY、YELLOW

ベスト→GRAY、NAVY、BLACK

の3色展開で、イエローがアウトローな雰囲気を放っています。

サイズ感やシルエットは、本陣の博多ブログで紹介があった通りシンプルそのものなので、やはり悩みどころは色ですね。


CREDIT
“EVCON” – MOUNTAIN PARKA – ¥39,000+TAX-

STAFF木下は迷うことなくイエローを手に。ラムウールのふんわり感と適度なボリュームから安心感の強いシルエットなので、色モノでも着なくなることはないでしょ。と攻めのチョイス。しかし、比較的に落ち着いた発色なので、インナーに使っても悪目立ちすることはなさそうな良い色調です。


CREDIT
“COMOLI” – C/W AZE CREW – ¥26,000+TAX-
“UNIVERSAL PRODUCTS” – WOOL 2TUCK WIDE SLACKS – ¥28,000+TAX-
“Nine Tailor” – CASTANA CAP – ¥7,900+TAX-

僕は保守派なので安定のネイビーにしました。合わせを気にせずマルチに使えるブラックと悩みましたが、やはりネイビーのクリーンな面、そして手持ちとの相性の良さは捨てがたく、、。ネイビー、ブラックと色味の差は大きくありませんが、グレーと比較すると良くわかります。この辺は店頭で。

あとはやはりコスパです。少し前に購入したEVCONのニットが¥18,000-で、仕上がりに対してコスパ良いなーと感じていた矢先のこれです。

もう1色を視野に、、とEVCONのニット2着目を狙っていましたが、買い足すならコッチの方が良いかもと揺さぶられています。ニットに関しては消耗度合いが大きいアイテムなので、シーズン内の買い足しを考えている方もいるはず。かなりオススメです。

もう1つ金額に関して、STANDの商品はPop-upを始めとしたイベント時に扱うことが多く、初めての土地、会ったことのない人々に向けて発信している側面もあります。そこで実際に手に取ってもらう為に、少しでもハードルを感じることの無いようにブランドに触れて欲しいといった気持ちから、価格設定を抑えています。何にしてもこの価格は嬉しいです。買わない手はないかと。

各地を周り、今回は福岡に行き着いた1LDK STAND。

海を挟んで隣の山口出身なので、個人的に思い出の多い土地だったりします。

地元の友人からPop-upに顔出したよと連絡をもらったり、福岡↔︎東京で共有できることも嬉しく感じています。

青山ホテルでは明日より発売です。雨予報で億劫ですが、今日の冷え込みからすると早めに手に入れておいた方が良さそうです。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND insragram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 杉村

November 22, 2019, 9:18 PM

Category: Blog Kinoshita Pick Up Sugimura

cantateのコートに魅せられて

1LDK ECサイト運営スタッフ募集

1LDK 新店舗出店に伴うショップスタッフを募集します。

流れに左右されない天邪鬼な物作り

OUTER PICK UP Vol.1 STAFF #SUGIMURA

OUTER PICK UP Vol.2 STAFF #SAKAKIBARA

OUTER PICK UP Vol.3 STAFF #KINOSHITA

いつもと違った視点で。

寒波到来。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの杉村です。

個人的に連休を頂いていたので出勤は3日ぶり。その感覚のままで準備して朝家を出ると、とんでもない寒さが、、。

ブログでは引き続き小物類を提案しようと思っていましたが、優先順位的に1度切り替えてアウターにします。

で、何を書こうか店頭風景を思い浮かべて探っていたところ、このコートのオレンジが過ぎりました。


“cantate”

– Balmacaan Coat –

  ¥200,000+TAX-

色味と一緒に、“cantate”デザイナーの松島さんがインタビューの一端で話していた、そもそも洋服を着る目的は防寒の為、本来は裸でもいいわけ。の強めの言葉も過去のリストからキャッチ。

防寒の部分では今のニーズにぴったり。勿論それだけでは無いのでポイントの紹介に移ります。

印象深いオレンジカラー。中間色に見えるよう経糸にベージュの糸を使い、明る過ぎずシックで合わせやすく。そこにヘリンボーンの織り柄が入るので見え方も異なります。少し引っかいたような、マダラな見え方です。

そういった細かい、本人がある種の無駄遣いと話す工程にも時間を費やし抜かりなく仕上げたコート地は、肉厚で膨らみがありながら重さを感じさせません。某動画サイトの1コーナーでcantateがピックされた時に、糸→生地→さらに加工と紹介されていたのを観て、制作時間の長さは素人の自分にも伝わってきました

デザイン部分を話すと説明書のようになってしまいそうなのでそこそこに。ご好意でお渡し用のルックブックを頂いているので紹介はそちらにして、着てみてどうなのかをメインにいきます。

まず軽いです。見た目の割りに、というよりはしっかり軽い。しかも、先ほども言ったようにボリューム感を残して、、同じシルエットのコートを並べて比較しても、こうはならないのではないかと考えさせられます。

そして、ローブコートのように着れる。と聞いていた通りフワッと楽に羽織れるので着こなしの幅を狭めることなくラフに使えます。この価格なので扱いには慎重になりそうなところですが、ブランドの洋服は1シーズンの着用でヘタる事はないので、ガッツリ着て良さを感じ取ってほしいです。

ベルト位置を少し高めにしているので、絞って着用すれば脚を長く見せスタイルアップも期待できます。比翼のフロントを閉じて着るも良し、逆に開けてAラインを強調しても良しと、そこのポイントだけでも十分に楽しめる程。あとは適当に結んで垂らすくらいが様になるかと思います。

最後はバックシルエットで。背中で語る男性をイメージさせている、と聞く通り雰囲気がありますね。

後ろもそうですが、ぱっと見のシルエットから細かい柄まで、抜けの無い物作りを目と体で感じることができるコートです。

まだアウターを決めあぐねている方には待望の1着になってくれるはず。是非お試しください。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND insragram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 杉村

November 21, 2019, 8:50 PM

Category: Blog Pick Up Sugimura